スッピンで閲覧数アップも?

矢田亜希子が“新ステマの女王”に!? 「辻希美、一時期のほしのあきよりひどい」

yataakiko.jpg
世の女に「男を見る目の重要性」を教えた矢田

 2012年、大事件となった芸能人ブログのステルス・マーケティング、通称「ステマ」騒動だが、現在新たな“ステマの女王”と目されているのが矢田亜希子だという。06年の押尾学との電撃結婚以降は表舞台から姿を消し、さらに復帰した途端に押尾の薬物逮捕を受けて離婚、再び活動休止と踏んだり蹴ったりの矢田だったが、現状は想像以上に過酷だったようだ。

 矢田は現在、深夜ドラマ『慰謝料弁護士~あなたの涙、お金に変えましょう~』(日本テレビ系)に出演中。全盛期には、ゴールデンドラマの主演や美容品CMへの起用が相次ぐなど、トップ女優だった矢田からは想像できない落ちぶれぶりだ。

「さらに、昨年からスタートしたブログも、商品宣伝の場のようになっています。直近でも洗剤や化粧品、ブランド品からDVDと、商品の写真ばかりが掲載されています。一昨年のステマ騒動を受け、アメブロの規定で、通常投稿と広告を区別するため記事に『PRマーク』を付けることが義務付けられていますが、もはやそれも完全無視しているかのような状態。さらに矢田ブログの商品画像の投稿量はほぼ連日という異常なペースで、この量は、同じくステマが話題になる辻希美や、雲隠れしてしまう以前のほしのあきと同じレベルです。スッピン写真を掲載しているのも、閲覧数を上げて広告収入を稼ぐためなのでは? とうがった見方をしてしまいます」(芸能ライター)

 スキャンダルの影響とはいえ、ここまで矢田が落ちぶれてしまったのは、所属事務所の台所事情が影響しているという声も。

「矢田は当時、所属事務所の稼ぎ頭でしたが、押尾との結婚後になかなか後釜が育たなかったこともあり、同事務所は倒産寸前に追い込まれました。そこでなんとか育ってきたのが、後輩の夏菜。現在では、ゴールデンドラマやテレビCMといったクリーンな仕事は夏菜が担当し、それ以外の仕事を矢田に割り振っているようです」(芸能プロ関係者)

 こうして「ステマの女王」という不名誉な称号を与えられてしまった矢田だが、周囲の反対を押し切る形で結婚してしまったツケを返すには、こうした汚れ役を買って出るほかないのかもしれない。

穿ってみすぎじゃない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた