[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP&AKB48癒着のウラで、嵐関係者がクビに!? ジュリー派“鉄の掟”の被害者とは

smap02.jpg
AKBさん、スマコンのサプライズゲストとかは大丈夫なんで!

 3日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にAKB48が出演し、ネット上では「AKB48とSMAP仲良すぎ」と盛り上がりを見せている。確かに『スマスマ』以外でも、中居正広MCの『火曜曲!』(TBS系)や、木村拓哉主演『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(同)、草なぎ剛主演『神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~』(フジテレビ系)に大島優子出演など、両グループの共演は多い。しかしそこにはやはり、芸能界ならではの“諸事情”が存在していたようだ。

 両者の共演が目立つことには、SMAPマネジャー・飯島三智氏の意向が大きく影響しているという。

「はやりモノを好む飯島氏は、AKB48のブレーク直後くらいから、積極的にSMAPの番組にゲスト起用を行っています。SMAPファンからは、『AKB48は格下なのに、SMAPに絡みすぎ!』といった、否定的な意見も多いのですが……」(SMAPに詳しいライター)

 別グループとの共演は、双方のファンを取り込めるというメリットもあるが、飯島氏がAKB48とSMAPを共演させたがる理由は、単に「AKB48人気にあやかりたい」というだけではないという。

「実は、飯島派と敵対するジャニーズ事務所副社長・藤島ジュリー景子氏の派閥グループは、基本的にAKB48との共演はNGなんです。原因は、ジュリー氏がAKB48を敵視しているからだとか。もちろん、歌番組や『24時間テレビ』(日本テレビ系)などでの共演こそありますが、制作サイドや広告代理店も、この事情を把握しており、個々の番組で両グループが顔を合わせることはほとんどありません」(代理店関係者)

 現在のジュリー派閥では、やはり嵐が人気のトップを誇っているだろう。日本を代表するアイドルグループ同士が共演NGとは意外だが、ジュリー氏のAKB48嫌いは徹底しているようだ。

「ジュリー氏が、AKB48との共演を許さないのは、『性別は違えど、同じアイドルだから』と考えているため、ライバル視しているから。AKB48のCD売り上げが、嵐を上回ることに、納得がいかないようですよ。過去に『風の向こうへ』『マイガール』など嵐の楽曲を多数手がけているアーティスト・多田慎也氏が、AKB48の『ポニーテールとシュシュ』を作曲したことに、ジュリー氏が激怒したとも聞いています。関係者に、多田氏の起用NGを通達したとか」(同)

 AKB48とSMAPとの関係もまた、結局は派閥争いの一環というわけだ。ネットを見ると、AKB48ファンはSMAPとの共演については温かく見守っているが、ファンの知らぬところでは、関係者たちによる裏事情が隠されていたようだ。

癒着してんのに、視聴率爆下げっていうね……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー