その他
【ジャニーズ研究会レポート】

入所2年弱でドラマ主演を射止めたエリート、ジャニーズJr.平野紫耀とは?

jhirano01.jpg
紫耀と勝利の絡みがボケボケすぎてたまらん

 関西ジャニーズJr.内ユニット「KinKan」の平野紫耀(ひらの・しょう)が、来年1月スタートの連続ドラマ『SHARK』(日本テレビ系)で初主演を務めることが発表されました。現在はSexy Zoneの佐藤勝利主演ドラマ『49』が放送されており、その前には同グループの中島健人主演『BAD BOYS J』や、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔主演『仮面ティーチャー』と、ヒット作が次々に誕生した土曜深夜のドラマ枠。平野は2012年2月にジャニーズ事務所に入ったばかりですが、入所からわずか2年弱での抜擢には、驚きの声が上がっています。

 メジャーデビューを夢見るバンド「SHARK」メンバーを中心にした青春群像劇となる同ドラマは、関西Jr.から濱田崇裕、「7WEST」の神山智洋&藤井流星、ジャニーズJr.の松村北斗、「Snow Man」の岩本照らが出演。平野は自信過剰で少し天然な性格ながら、圧倒的な才能を秘めたボーカリスト・瑞希を演じます。

「名古屋市出身の平野は、山下智久に憧れて自ら履歴書を送り、ジャニーズ事務所入りを果たした高校2年生です。入所前には名古屋を中心に活動している『BOYS AND MEN』……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク