[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Sexy Zone新曲、特典のトレカ未封入が発覚! 売り上げ好調でもグループの今後は……

SZ-04.jpg
こっちの2・3の分け方が絶対いいと思うけど~

 5日にスタートしたSexy Zone・佐藤勝利主演ドラマ『49』(日本テレビ系)。「棒読み芝居で主演が務まるのか?」と放送前からファンに不安視されていたが、初回視聴率3.1%と健闘。来春には中島健人主演の映画『銀の匙 Silver Spoon』が公開されるなど、デビューから2年、大作の仕事が舞い込むようになったSexy Zone。そんな中、5枚目のシングルとして発売された「バィバィDuバィ~See you again~ / A MY GIRL FRIEND」に不備があったことが判明し、ファンに衝撃を与えた。

 9日に発売された同CDは、初回限定盤K、S、Nと通常版、そしてSexy Zone Shop盤の計5形態が用意されている。今回、不備が発覚したのはSexy Zone Shop盤で、特典として封入されるはずのオリジナルトレーディングカードが未封入だったという。ポニーキャニオンのSexy Zoneオフィシャルサイトにお詫び文が掲載され、「制作工程上の不備」が理由だと説明されている。これにはファンから「ポニーキャニオンしっかりしてくれ」「ポニキャもセクゾンに振り回されて大変だな」と声が上がっている。今後の対応として、「ご購入枚数分のオリジナルトレーディングカード(5種うち1種)を弊社からお送りさせていただきます。尚、発送に関しましては現在10月11日(金)を予定しております」とのこと。

 特典の不備以外にも、早くも1年が経過したグループ内の格差問題にもファンは不満を感じているという。

「今作でも松島聡とマリウス葉はJr.のような扱いです。初回限定盤Sのジャケットは佐藤勝利、中島健人、菊池風磨の3人だけの写真で、Fでは映り込み程度に入っているだけ。それでも、今作もオリコンデイリーランキングで1位を獲得、売り上げ枚数は9万4,682枚と前作の初日売り上げを上回る数字となりました。格差にファンが慣れたのか、あきらめたのか、今後数字が大きく落ち込むことはないのでは。とはいえ、4枚同時購入キャンペーンや、特典の手数を増やす方法で複数買いを促すやり方を、いつまで続けるのかによると思いますが」(芸能ライター)

 特典DVDにJr.のシーンも収録するなど、Jr.ファンを引き込んでの販売戦略も定着してきたSexy Zone。佐藤主演の『49』にも人気Jr.が多数出演し、夏に開催された『お台場合衆国』でも、佐藤がJr.を引き連れてステージに立つなど、にわかにこれまでとは違う動きが見られている。11月16日にはデビュー2周年を迎えるが、今後の展開にも期待したい。

オタという最凶の姑を持ってしまったポニキャさんに合掌

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー