[ジャニーズ最新言行録]

「君のいる場所はここじゃないよね?」V6・三宅健、ファンの浮気に物申す!

kenchan.jpg
「Come Back!!!!」と全身でアピール

 最近、新曲リリース以外でのグループ活動がめっきり減り、なかなか6人が揃っている姿を見る機会に乏しいV6。そんな中、某メンバーはファンの “浮気”が気になってしょうがないようだ。

 以前、自身のラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm)で、「女性という生き物は移り気だ」とファンに対して発言した三宅健。リスナーから多数の抗議を受け、それでは、と「V6を好きになったきっかけ」のメールを募集することにしたという。最初に読まれたのは、「もともと嵐のファンで、V6の曲を聞くうちに好きになった」というメールだったが……

「(メールの相手のことを)俺が好きになりそう。いいね、これはいいよ。逆の浮気はいくらでもしてくれていいよ。V6に浮気する分には構いませんよ!」

 と、三宅はいたくご機嫌に。しかし、V6から他グループへ浮気をすることに関しては、

「絶対的に許せないっていう。もう、血眼になって探しますよ! 『どこ行った! どこ行ったあいつら! どこ行った~!』って。私たちから逃れようものならば、血眼になって探しますんで、そこのところよろしくお願いします」

 と、ばっさり。さらに、「嵐に時々浮気をしているが、もう浮気はしないと誓います」というメールについて、スタッフが「(もしファンが)嵐のコンサート会場に行ってみようものなら?」と三宅に問うと、

「もう見つけたらつまみ出すよ。首根っこつかんで。『君のいる場所はこ・こ・じゃ・な・い・よ・ね?』って、肩をつかんで体をすごい揺さぶって!」

 と、嫉妬心をむき出しに。もともと三宅が“女性は移り気”発言をした際は、「(ファンは)次どこ行くかなんてわからないからさ。(中略)こればかりは、誰にもわからないし、誰にも止められないから」と、離れていくファンを理解している様子だったのだが、深層心理は違ったようだ。

 ファンの“浮気”に関しては、今までも多くのジャニタレがその思いを語っている。三宅と同様に「引き留めるのに必死なタイプ」として有名なのは、NEWS・手越祐也。今年8月の仙台でのコンサート中、「もしNEWSファンやめようってなったら、追いかけて髪の毛引っ張って引きずってでも戻します」と、ファンに宣言している。一方で、「容認タイプ」もおり、井ノ原快彦は『あさイチ』(NHK)で「いいのいいの、2番目の男でもいいの。最後に戻ってきてくれれば」などと語り、ファンを沸かせた。

 まるで彼氏のようなパフォーマンス発言で、一瞬にしてファンを虜にしてしまうのは、さすがジャニーズアイドルといったところ。今回の三宅の「私たちから逃れようものならば、血眼になって探します」という発言に、「一生ついていく!」とあらためて思ったファンも多かったことだろう。

ジャニオタは総じてドM

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー