【ヤリマン肯定主義】特別編 草加大介×菊池美佳子対談(前編)

目標は道でセフレゲット! ヤリマンが切り込む、実はナイーブなナンパ師の本音

souka_kikuchi.jpg
草加大介さん(右)、ようこそヤリマン肯定主義へ~!

 「世界三大珍味」といえば、キャビア・トリュフ・フォアグラでございます。では、「世界三大チ○コ」は……? というお話も悪くはないのですが、今回は「世界三大ナンパ」について語らせていただければと存じます。

 筆者が考える「世界三大ナンパ」は、「クラブナンパ」「ネットナンパ」「ストリートナンパ(ストナン)」です。しかし筆者は、音楽を一切聞かない無音女子! あ、間違えました、無音熟女! 当然、クラブに足を運ぶこともありません。ネットに関しては、数年前まではミク○ィのマイ○クやらア○ーバブログのアメ○バーとオフパコしまくっていた時期もありましたが、それも過去のこと。

 そう考えると、今、ヤリマンである筆者がその真髄を探るべきナンパは「ストナン」ということになります。ストリート……そう、道です! 道なら、音楽を聞かない人にも、ネットでのナンパに警戒心を持つ人にも、等しくチャンスがあります。

 というわけで、道での出会いを語るべく、強力な助っ人をお招きいたしました。ストリートナンパ歴15年、その経験を活かしたナンパ塾の開講や書籍の執筆など、幅広く活躍されている草加大介さんです。夜の街でキャッチをするうちに、ナンパに目覚めたという経歴をお持ちなんだとか。

 開口一番「菊池さんは、男性側から見て、声をかけやすい女性かもしれませんね」と言ってくださった草加さん。皆さんのヤリマン活動充実化を後押しできるよう、道でセフレを作る方法を、しっかり勉強させていただきます!

菊池美佳子(以下、菊池) 私は、決して美人ではないですし、若くもないんですけど(現在36歳、ピチピチの熟女!)、ありがたいことに道でお声がけいただく機会が多いんです。どうして声をかけてもらえるんだろう? と不思議に思い、一度男性に聞いてみたところ、私がドン・キホーテで買ったストラップタイプの電マをケータイに付けていたのを見て、「絶対にエロい女だと思った」と……。

草加大介さん(以下、草加) なるほど。確かに、目立ちすぎない、ほどほどのお色気アイテムは、男性にとって声をかけやすいポイントになりますよ。

ゴムを持って町へ出よう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  9. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  19. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー