勤も心配してるはず!

関根麻里、韓流歌手と前途多難!? 「CMオファー消滅」の可能性

sekinemari.jpg
『関根麻里の5秒英会話 (日テレbook
s)』/日本テレビ放送網

 K-POPアーティスト・Kとの交際が伝えられていた関根麻里だが、いまだに関係が続いていることが発覚した。父親である関根勤が出席したイベントで「結婚の報告は、まだ聞いていない」としながらも、ゴールインについて「早く孫の顔が見たい」と期待を膨らませていた。昨年12月に突如報道された“韓流婚”だが、業界には現在も否定的な意見が多く存在しているという。

「ネット上でも反韓の動きが盛んとあって、関根とKの交際は極秘中の極秘だったんです。発覚したのはスポーツ紙の報道からですが、これはKの所属事務所からのリークとみられています。2009年からスタートした交際はすでに4年近いですが、関根側はオープンにするメリットがほとんどないためか、本人や所属事務所を含めて、交際を認めたのは父親の勤だけでした」(週刊誌記者)

 また同じく芸能界では、水原希子も韓国人であるBIGBANGのG‐DRAGONとの交際が伝えられている。しかし「反韓感情がスポンサーに向き、不買運動に発展してしまったら……」と広告代理店からオファーを尻込みされ、またK-POPファンからはTwitter上で暴言を吐かれるなど、決して芸能活動をする上でのマイナスがないとは言い切れないようだ。

「関根は絵に描いたようなマルチタレントで、キャラクターやルックスも良く、バラエティから真面目なMCまでひと通りこなせる優等生。しかし器用貧乏という点も否めず、デビュー当初はなかなか仕事に恵まれませんでした。最終的に父親との“抱き合わせ商法”が功を奏して露出を高めていったわけですが、もともとは本当に使いづらいタレントだったんです」(広告代理店関係者)

 そしてようやくブレークへとたどり着いたところで出会ったのが、交際相手・Kだった。しかし当初から、手放しに喜ばない関係者も多かったという。

「Kは、2011年1月から約2年間徴兵制度により軍隊入りしており、関根は忙しいスケジュールの合間をぬって韓国を訪れていたようです。徴兵が原因で別れるカップルも多い中、2人は無事にその壁を乗り越えましたが、近しい関係者の中には、文化の違いに関根が不安を抱いていないかと、交際自体に反対する人もいました。もし戦争が勃発した際、Kが再び徴兵されるという可能性もなくはないですしね」(同)

 優等生タレントながら、知られざる苦悩を抱いていた関根。昨年の時点では「Kとの結婚は13年度中」とも言われていたが、果たして……。

大河ロマン作品のヒロインみたい……!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー