ドラマ出る度こう叩かれる

佐々木希、「カンペの漢字も読めずにNG」 『お天気お姉さん』現場も落胆ムード!?

sasakinozomi01.jpg
佐々木さんの本業はドラマに出て叩
かれることですから!

 武井咲主演の『お天気お姉さん』(テレビ朝日系)が、午後11時台の深夜帯でありながら初回視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と好スタートを切った。これまでの主演ドラマが軒並み低視聴率で終わっているだけに、武井本人も今回はかなり気合を入れているそうだ。そんな意欲的なムードに、水を差しているのが女子アナウンサー役で出演している佐々木希だという。

「『演技仕事で展開していく』という事務所の方針があり、これまで出演していたバラエティ番組をすべて降板してドラマ中心の活動にシフトしました。しかし、頭があまり良くないようで長い台詞を覚えられない。カンペを出せばその漢字が読めずにNGを出してしまう。それに加えてあの演技ですから、現場スタッフは『佐々木と仕事したくない』という人が多いんだとか。それでも、多数のCMに出演していてスポンサー受けもいいので使わざるえない。そこで今回のドラマの出演にあたり苦肉の策として考えられたのが、カンペを読んでも不自然ではない女子アナ役。それにもかかわらず、NGを連発しているそうです」(ドラマ制作スタッフ)

 なんでも佐々木は読めない漢字が多いようで、カンペすら満足に読むことができないのだという。そのため武井の士気も下がり始めているようだ。

「武井はハードスケジュールと低視聴率のレッテルを貼られたことで、去年は鬱気味になっていたんです。それで所属事務所は記者会見などの仕事をセーブして、武井の体調と精神面のケアを優先してきた。そして今回、まずまずの視聴率を出せたことで武井本人も元気になり始めていた矢先に、佐々木のミスのせいでリズムが狂っている。『鬱が再発したらどうするんだ!』と武井の事務所スタッフはお怒り気味だとか」(テレビ局関係者)

 佐々木もそんな周囲の反応を察しているのか、撮影が進むにつれ肌荒れが悪化しているという。

「佐々木なりにストレスを感じているのかもしれませんが、美しさだけが売りなのにこれで肌荒れまでされたらタレントとしての価値が暴落しますよ。せめて肌のケアぐらいはしっかりしてほしいですね」(前出のドラマ制作スタッフ)

 高視聴率とは対照的に雲行きが怪しくなりつつある『お天気お姉さん』。佐々木にとっては女優業の正念場となりそうだ。

無難にうまい芝居したら誰も注目してくんないし

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク