今年も1年ありがとうございました★

ちょっと待った! 2012年、この流行語を忘れてないかい?

 お笑い芸人スギちゃんの「ワイルドだろぉ」が大賞に選ばれた、2012年の流行語大賞。確かに今年、スギちゃんは大ブレイク。でも、もっとほかに注目すべき流行語があったでしょうが! 相変わらずノーセンスな流行語大賞に代わって、サイゾーウーマン編集部が真の流行語を選出いたします! この1年、編集部員の琴線をビンビンに震わせた珠玉の名言を芸能ニュースとともにご紹介。いいか、こいつらが真のファンタジスタだ!!

■受賞者:浜口初枝(ほか、浜口京子、アニマル浜口)
「この道化師が! そこまでいうならアンタが出ろ!」

hamaguchikyoko.jpg


 京子敗退に際しての会見で、「リーオ! リーオ! リーオ! リーオ!」とオリンピック次回開催国の「リオコール」をするアニマル浜口に、初枝さんが言い放った一言。突如飛び出した「道化師」という言葉は、アニマルのヒートアップぶりを完璧に言い当てていた。当の京子は、そんな両親の醜態にも、最終的には笑顔を見せる“いい子”ぶり。ハラハラさせられた視聴者も、京子の笑顔に救われたのだった。その後の富士フイルムの親子CMへと繋がった(憶測)、営業的にオイシかった名言!

【名言の誕生秘話】今年7~8月にかけて開催され、世界中を熱狂させたロンドン五輪。レスリング女子72キロ級に出場した浜口京子は、アテネオリンピック、北京オリンピックに続くメダル獲得を期待されていたが、まさかの初戦敗退。京子は引退を表明していたものの、「まだまだレスリングシューズを脱ぎたくない。悔しい」と泣きじゃくった。その後、あの名物親父・アニマル浜口と母・初枝さんと共に親子会見が行われることに。視聴者は「さぞかしハートウォーミングな家族愛を見せてくれるだろう」と、ハンカチを握りしめながら見守っていたわけだが、なんと夫婦喧嘩が勃発してしまった。京子の敗退を受け止められないアニマルが「何であんな負け方をしたんだ!」と激昂、それにキレた初枝さんが「バカ親父!」と罵る。そして、所在なさげに立ちすくむ京子……。放送事故スレスレの会見であった。

■受賞者:山下智久
「今日来ているみんなのことをエロい目で見ています!」

yamashitatomohisa001.jpg
タッキーも応援に駆け付けてくれたね

 エロPというキャラを装着したため、エロい発言にチャレンジするも、毎度お寒いフレーズの連続でジャニオタに心配されている山下さん。ファンからすれば、笑うところなのか喜ぶところなのかわからない、受け取り方に困っちゃうサービストーク。笑っていいんすよね?

【名言の誕生秘話】昨年11月、NEWS脱退・ソロ転向を表明し、ファンに衝撃を与えた山下智久こと山P。今年は、ソロでの活躍に期待が集まったが、7月4日に発売されたソロ6枚目となるシングル「LOVE CHASE」では、全5パターンでの発売、限定イベント開催など、「売り方が必死すぎる」と話題に。そこまでしたにもかかわらず、首位を取れないという散々な結果となってしまった。そんな山Pが、起死回生のキャラチェンジに挑んだ。それは「エロP」。今までバラエティが苦手で、歌番組でも口数が少なかった山Pが、突如「今日来ているみんなのことをエロい目で見ています!」と宣言し、「みんなぴちぴちだね。フォー!」と絶叫、乳首からエロビームまで放出させ、「『エロP』が出てきちゃった!」とペロリ。

■受賞者:関西Jr.担当のファン
「とりあえず、小瀧ある分、全部ください」

 目覚ましい活躍を見せる関西Jr.の現場で起こった「フォト一揆」。「物販にあるメンバーの写真はすべて売り切れにする」――そんな使命感に駆られたオタクの口から数々の名言が生まれたという。グッズ全買いで満足していたなんて甘かった……そんな要らない反省をジャニオタに促した、関ジュ担姐さんの鼻息が伝わるセリフ。

【名言の誕生秘話】今年の12月25日、クリスマスに起こった聖戦「関ジュフォト一揆2012冬」。関西ジャニーズJr. の現場、物販に販売されているメンバーの写真を全て売り切れにしようというオタの総意の元、各担当が資金をぶっこみ買い占めたという。リアルタイムでTwitterで情報が飛び交い、「小瀧望あと300ほどだそうです!」「KinKan全員売り切れ!」「中間淳太あと300ほど」など“売り切れ”というゴールに向かい、熱いエール交換が行われたそうだ。そんな中降臨した「とりあえず全部」姐さん、「60万円をぶっこみ」濱田担姐さんーーそんな伝説の姐さんたちの熱き思いで聖戦は幕を下ろしたのだった。

幸せに生きてくれればそれでいいよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク