[ジャニーズ・メディアの裏側]

クスリに手を出した原因はKAT-TUN・田中聖との別れと、倖田梨紗が暴露

tanakakouki.jpg
今後、続々とジャニタレとの関係が暴
露されるのか!?

 薬物に2度手を染め、1年4カ月の実刑判決を受けた元AV女優・倖田梨紗が、表舞台に復帰することが明らかとなった。11月29日発売の「フライデー」(講談社)にインタビューが掲載されており、薬物を使用したきっかけや、当時付き合っていた“アイドル”についても語られている。

 倖田といえば、かつてTOKIO・長瀬智也や、KAT-TUN・田中聖との交際がウワサされ、逮捕当時の交際相手でプロテニス選手・宮尾祥慈は、当時「赤西軍団」の一員と言われているなど、ジャニーズタレントとの関わりも深い人物とされていた。逮捕時には警察の捜査や本人の暴露がどこまで行われるのか、田中や赤西仁も震え上がったという報道まで出ていたものだった。

「逮捕後、倖田に関する動きはまったく伝えられていませんでしたが、ここ最近になってTwitterを開始したり、週刊誌に突然グラビアが掲載されたりと、ジャニーズファンの間では“要注意人物”としてマークされていました」(週刊誌記者)

 倖田はレースクイーンとして活動後、2005年にAVデビュー。ギャル系のルックスで人気を博したが、08年2月に引退し、東京・六本木のキャバクラに勤務していた。そして同10月、麻薬取締部による家宅捜索が入り、部屋の中から大麻と覚せい剤が発見されたことから、大麻取締法と覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕。その後の倖田の供述によって、交際相手の宮尾も逮捕された。しかし、執行猶予中の09年2月に、再び覚せい剤取締法違反で逮捕され、1年4カ月の実刑判決を受けた。

 「フライデー」で倖田は、覚せい剤を使い始めた理由について「祖父の死と、恋人との別れがきっかけでした」と告白。「当時付き合っていた恋人は、人気グループのアイドル。友だちから『彼が梨紗に会いたがっている』という話を聞かされて、クラブで紹介されました。彼は優しくて私を大事にしてくれました」と、田中の名前は出さないものの、交際の経緯を語っている。最後は、“彼”とケンカし、倖田が一方的に怒ったまま家を飛び出してしまったという。

「2010年に自殺したAV女優・AYA(本名・牧野田彩)の一件を思い出しますね。AYAは元から多くのジャニタレとの交際情報がささやかれていましたが、自殺した直後、一部週刊誌に『嵐を喰った女』として紹介され、複数タレントとの2ショット写真や、セックスの詳細まで報じられてしまった。現在の倖田とは少々話が違うかもしれませんが、またジャニタレとの交際を赤裸々に暴露するのではと、不安視するのも当然だと思います」(同)

 倖田は、11月29日に一連の騒動について語った『依存症』(双葉社)を出版し、来年3月からはキャバクラのプロデュースを行う予定という。果たして暴露本では、どこまでの内容が語られているのか、今後倖田はどこまで活動の幅を広げるのか。そして、各ジャニーズタレントやそのファンたちは、またしても彼女に振り回されてしまうことになるのだろうか。

赤西も再び眠れぬ夜が続くのか?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク