[官能小説レビュー]

「真面目な子」と「いやらしい子」他人の目に翻弄された少女2人を描く『誦文日和』

「真面目な子」と「いやらしい子」他人の目に翻弄された少女2人を描く『誦文日和』

 地元って、何て窮屈な場所だったのだろう。やれ「どこの家の娘が結婚した」だとか「誰々がどこの大学に合格した」とか。閉鎖的な空間を共有しあいながら、その狭い環境の中で、せせこましく比べ合い、比べられることが当たり前の村社会。表面では「誰もが平穏でありますように」と笑顔を交わしあいながらも、その裏では、その小さな空間の中で、誰よりも幸せになることを競い合っていたかのようにも感じてしまう。そのために、毎晩のように近隣の誰かをネタにし、つるし上げにして、安心していたのかもしれない。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「真面目な子」と「いやらしい子」他人の目に翻弄された少女2人を描く『誦文日和』のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 官能小説レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!