[女性誌速攻レビュー]「ひよこクラブ」10月号

「ひよこクラブ」よ、夫を“勃てる”ことより、夫への興味の消失の原因を教えてくれ!

hiyokoclub1210.jpg
「ひよこクラブ」2012年10月号(ベネッ
セコーポレーション)

 今月の「ひよこクラブ」(ベネッセコーポレーション)はアラトゥー、アラサー、アラフォーそれぞれのママたちの「自分時間」の楽しみ方を時間割で紹介しています。一番すごかったのが、旦那の弁当こしらえて掃除洗濯、公園お散歩してベビーマッサージして家庭菜園耕して収穫した後、レザークラフトで革製品を作ってお菓子も作り、さらに動物園へお出かけしてブログ更新して最後は半身浴と弁当の下ごしらえまでこなすアラトゥーママ! 特に他意はないのですが、小学校の時に「うちテレビ2台あるし!」と言い張ってた同級生を思い出しました。その半面、アラフォーママは「花の水やり」「搾乳」「仮眠」「仮眠からの起床」など、しっとりした1日を送っていてなんか色っぽい! 彼女にするなら断然、アラフォーママですよね。各世代を網羅し読者層を広げ続ける「ひよこクラブ」、生後6カ月の女児を持つママライターが読んでいきます!

<トピック>
◎わたし流育児&自分時間の楽しみ方
◎気になる!? あれこれ調べ隊“2人目不妊”
◎ひよこパパ倶楽部

■夫と話すことが、ない!

 子育ての時事ネタや流行を紹介する「調べ隊」、今月は「2人目不妊」をフィーチャー。「2人目を希望しているのに妊娠しない状況が2年程度続く」と「2人目不妊」と判断するらしいです。原因は大きく分けて2つ。1つ目は「卵巣機能の低下」。2つ目は「男性の性機能の低下。性欲減退、セックスをする気が起こらず、性交渉の回数減少を意味しています」とのこと。男の人は「オレたちは、とにかく種をまきたい生き物なんだ!」と主張しますよね。その割にはさまざまなシーンにおいて「性機能の低下」が著しすぎませんか!?

 専門家の先生は「セックスをする際の雰囲気も重要」と言います。「『赤ちゃんを作るためにセックスをする』という考えは、ママはよくても、割り切れないパパは少なくない」って言ってますけど、「種をまきたい生き物」にとってはむしろ「子作りのためのセックス」が人生最大の腕の見せどころじゃないんですかね? 違うの? 先生はこう続けます。「ママにはパパがその気になるような雰囲気づくりも配慮してもらいたい」「パパではなく“男”として見ることが大事」。って、それができないんだっつーの!

 私自身、出産直後は“この人の子を産めて、一緒に育てられて、楽しいうれしい大好き!”が全開で、毎日、顔半分が口みたいな吉田美和気分で過ごしていました。しかし6カ月に入る頃から突如急速に夫に興味がなくなってきて、とうとう先日「亭主元気で留守がいい」の世界に足を踏み入れたことを自覚しました。まず、話題が湧いてこない。以前なら「今日はこれ話そ☆ その時に食べるおつまみ買っておこ♪」など、夫との時間を中心に生活が回っていたのが、最近は夫と2人きりになっても「……(なんか話あったっけ……ないな)」とボンヤリして終わるようになってしまいました。育児・家事で疲れ果てている、とかじゃなくて単に湧いてこないのです。よく「家族になってしまったからセックスできない」と聞きますが、私は以前の方がよっぽど「家族」っぽかった。今は育児というプロジェクトを一緒に行う「同僚」という感じです。それも配管工の2人組のおじさんみたいな感じの同僚。特に話すこともないから、お互いに黙ったまま軽トラの座席でモサモサと弁当を食べているみたいな、あの感じです。

 「2人目が欲しいから、排卵日に仕方なくヤッた」なんて話も昔からよく聞くし、急速に夫への関心がなくなる割には、アイドルやほかの男性への興味は増加。一部のママたちが共有するこの感覚は一体。もしかして、男が持つ「種をまきたい本能」以上に、実は女の方が「いろんな男の子どもを生みたい本能」を持っているんじゃないでしょうか? 「この人の子を産みたい!」→「ラブラブ」→「生んだ! 幸せ!」→「次はこの人の子産みたい!」というサイクルが女の中にはあるのでは? だから「生んだ! 幸せ!」の後に夫に対して「なんでこの男の人まだここにいるの?」みたいな感情が生まれる。薄々それに気づいている人でも「子どもは欲しいけど父親が違うのはかわいそうだから」と鼻をつまみながら排卵日に挿入だけ行うという現実……。「どうして女がこうなってしまうのか」という部分を解明しないまま、「パパがセックスしたくなるように配慮して」とか「“男”として見て」とか言っても無理難題すぎ! 気合でどうにもなんないし! 

家庭は、まるでホラー

 「ひよこパパ倶楽部」は、“イクメン”している夫たちからのお便りを紹介するコーナー。「仕事が忙しくて息子との時間がほとんどありませんでした。息子にとっては『誰かいる』→『たまにいる人』→『よくかまってくれる人』→『パパかな?』。最近やっと『パパだ~』に昇格できました!」と喜びの報告が。その横にいる妻の中では『愛する夫』→『私の子どもの父親』→『誰?』へと変化しているかもしれないのに……。(BGM「世にも奇妙な物語」)

 「有名人ママに教えてもらったよ!」のコーナーではモデルの森貴美子が登場。「育児中は“女子をお休み”(笑)」とのことで、「プライベートではしっかりメイクなどはお休み中(笑)。その時間を娘と触れ合う時間にあてています」だそう。ふ~ん。モリキミは夫のこと「なんでここにいるんだろう?」って思うことはないのでしょうか。そっち方を教えてほしいです!
(田房永子)

イクメンからのお便りって誰得?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー