【K-POP☆井戸端カイギ】

“K-POPのポッチャリな人”PSYに、ジャスティン・ビーバーも夢中!


YouTubeより

韓国芸能界に渦巻く闇からキラめく星まで、魅せられちゃったら止まらない! K-POPに夢中な2人がミーハー魂を炸裂させてゴシップネタをぶった斬り☆ 嘘か真か単なるウワサ? 

M……本業はギョーカイ系の駆け出しライター。職業柄ネタは豊富。
K……K-POP全般が好きなアラフォーライター。基本ミーハー。

M 最近PSYがアツいね。

K ね~。ジャスティン・ビーバーからオファーがあって本人に会うんでしょ? すごいことになってるよね~。ほんの少し前は、「日本では初めてのちょっとポッチャリなK-POPの人」扱いだったのにねー(笑)。

M 何ソレ!? 確かにポッチャリっていうか小デ……おっと、貫禄がある体型だけどさ(笑)。

K 今年1月の『YG FAMILY CONCERT IN JAPAN』をさいたまスーパーアリーナに見に行ったら、PSYがカンペ見ながら自分で言ったの(笑)。

M へ~。ステージは盛り上がったの?

K うん、とにかく客いじりが上手い! こう言っちゃなんだけど、ほとんどみんなが「BIGBANGと2NE1とかSE7ENが目当てでしょ~」って私は思ってたから、意外な盛り上がりだった!
 
M みんなって……ソレ自分のことでしょ(笑)。

K あー、まぁ私もみんなの一員ってことで(笑)。っていうのはとにかく、PSYって韓国のコンサート動員数がNo.1なんだよね。その底力を感じたわ。アウェイでもこの盛り上げ方ができるのか! って。

M もともと韓国ではすごい人気なんだよね。歌謡番組とかよく出てるし、年配の人も知ってるもんね。

K らしいね。顔立ちも体形も、今日本で流行ってるK-POPアイドルの中では異色の存在感だしな~。でも、曲がかっこいいんだよね、そして、MVが面白い! ニコリともしないのにめっちゃ上手いダンスをするとかさ、あれは反則だわ(笑)。

M いや~、でもこの「江南(カンナム)スタイル(GANGNAM STYLE)」でついに世界的にブレイクしちゃうんじゃない? YouTubeのマンスリーチャートで2,000万回超えで1位になったんでしょ? それこそジャステン・ビーバーを抑えて。それにCNN、ロサンゼルス・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ハフィントン・ポストとか、海外の主なメディアでも紹介されてるみたいだし。

K らしいねー。でもさ、この「江南スタイル」の“馬ダンス”も面白いけど、これを見た欧米の人の反応も面白いんだよ。YouTubeにあがってるけど、「ユー、メッチャオカマでしょ☆」みたいな男の子が画面見ながら「Oh my god! So Cuuute!!!」とかキャーキャー言ってるのとか、単に女の子同士が見ながらゲラゲラ笑ってるだけのとか、「何このテンション?」っていうのが一杯投稿されてんの(笑)。わざわざ投稿する彼らの文化も理解に苦しむけどね。

M 「江南スタイル」で出る?

K うーんとね、“江南スタイル リアクション”って検索すればわらわら出てくるよ。

M 韓国国内でも音楽配信ランキングでぶっちぎりの1位を1カ月保ってるっていうのも、奇跡だよね。いくら元々人気があってもさ。

K 発売された時も2位との差が倍くらい開いてたんだっけ? すごいよね。でも、一体何が人気のきっかけなんだろうね?

M 本人も「最近の僕の人気……一体どういうことかわからない」って言ってるんでしょ(笑)?

K そりゃ、本人にわからないんじゃ、私らにもわかんないか(笑)。

M でも、なんかPSYのことガガ様とかも好きそうじゃない(笑)? ホントに世界的に売れちゃうんじゃない? この勢いだと。

K まぁ、ワンガ(Wonder Girls)が「NO BODY」でビルボード入った時に、「モータウンのコスプレだったから売れたんじゃん?」ってのに比べれば、可能性はあるかもね~。ただ、「K-POPは世界的なブーム!」って言ってる韓国側の思惑と違ってるとは思うけど(笑)。

M 多分、かなり違うとは思う、わたしも(笑)。

ジャスティンのそういうノリ、マジで苦手!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!