新婚バブル真っ最中~

福田萌の再ブレイクに水を差す、挨拶もできないマネジャーに非難轟々!

fukudamoe.jpg
『もえtter~萌のつぶやき日和』/宝島社

 オリエンタルラジオ・中田敦彦との結婚で、再びメディアに登場する機会が増えた福田萌。結婚会見では、お互いに「カワイイ」「カッコイイ」とノロケ合っていたが、やはり過剰露出の影響なのか「調子に乗ってしまった」という声も聞かれているようだ。しかし、調子に乗っているのは福田本人ではなく関係者の方だという。

 福田のデビューは、横浜国立大学在籍中だった。時折毒舌を炸裂させる“腹黒”お天気キャスターとして知名度を上げ、その後は女優と並行してクイズ番組でも知性派タレントとして活躍。中田とは番組共演で知り合い、福田の方からTwitter上でメッセージを送ったのが交際のきっかけだという。

 現在では、中田と同じくテレビ番組から引っ張りだこ状態の福田だが、先日都内のロケ先でこんな出来事があったという。撮影スタッフに遅れ、1人で都内ラーメン店を訪れた福田だったが、収録が始まってから、所属事務所の関係者も姿を見せたのだった。

「グルメ番組でウチの店を使うことになっていたんですが、その事務所関係者の男性は、福田さんと撮影スタッフに声をかけると、無言で店を出ていったんです。とても狭い店なので挨拶をしない方が難しいはずなのに、私やほかの従業員には一瞥もせず出て行ったので少々不快に感じました」(同店店長)

 同店はテレビ局からも程近く、業界関係者も多数訪れる有名店。年中さまざまな芸能人や事務所関係者がやってきては業界談義にを花を咲かしているのだ。話好きの店主を筆頭に、すでに同店内では「福田萌のマネジャーはマナーがなっていない」と評判になってしまっているという。

「常連のテレビ局プロデューサーや広告代理店関係者も、『せっかくまた売れてきたのに、評判を落とすようなことをしてかわいそうだね』と話していて、今後の活動に影響が出てこなければいいのですが……」(同店の常連客)

 タレントの不祥事は所属事務所にも責任が掛かってくるものだが、その逆もまた然り。事務所関係者からすれば「たかがラーメン屋」という意識だったのかもしれないが、こうした話はどこでどう広がるか誰にもわからない。今回のケースに関して、福田に落ち度はないだけに、今後の芸能活動のためにも周囲の意識こそ改めてほしいものだ。

以上、ラーメン屋のおやじの説教でした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと