しいちゃんの芸能解説講座【裏】

高嶋政伸の嫁・美元が整形手術を告白! あの人気アイドルは整形? それとも……

miwon.jpg
美元公式ブログより

編集S 高嶋政伸と離婚係争中の美元(みをん)が、4月12日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、奥二重を二重にする整形手術を受けたことを告白したわね。記事によれば「生涯、女優を続けよう」と決心したところ「事務所の社長から『本気なら目を二重にしたほうが良い』と言われ、真剣に悩み、プチ整形に挑戦しました」とか。つか女優だったんだ! そして生涯女優でいるつもりなんだ! そこを悩んでほしかったよね~。

しいちゃん 4月15日に放送された『サンデージャポン』(TBS系)でもそのことについて語っていたよ。サンジャポレギュラーの西川史子から「前のほうがよくない? 女優顔じゃない? 今はバラエティーって感じ」とツッコまれて苦笑してた。美元は3月25日の『サンジャポ』でも、19歳の時にスキー場で知り合った当時16歳の高校生と「28~29歳まで付き合ってました」と明かし、西川から「(高嶋と)かぶってるじゃない」とツッコまれて、「かぶってないです」とあわてて否定して話題となってたね。美元は離婚問題が報じられる前までは知名度はほとんどナシ。ドロ沼離婚で注目されてる今、整形だろうが二股疑惑だろうが、なんでも話題にして名前を売っておかないとね。

編集S 離婚騒動で名を売り、整形告白なんてゴージャス松野路線一直線じゃない! そういえば、楽しんごも二重まぶたに整形していることを告白して話題になってた。

しいちゃん そうそう。4月12日に放送された番組『AKB48vsおネエ48vs芸能人親子48気になるアノ人達の裏側(秘)生態調査SP』(日本テレビ系)で告白してた。番組では、初めにKABA.ちゃんが二重に整形したことを告白。KABA.ちゃんは、2010年にもアゴを削り、昨年にも奥二重の左目をパッチリ二重に、そして、今年になって右目を手術したことをすでにブログなどで報告してたの。その流れで楽しんごも、「4年前に二重手術を埋没法でやりました」と明かした。楽しんごは3月に第4回沖縄国際映画祭のトークショーで丸刈り姿を披露したり、今さら4年前の整形を告白したり、ドドスコ一発屋として消えないように話題作りに一生懸命って感じ。

編集S 整形もひとつのネタになるようになったのね。オープンになったものだわ。これも韓流の影響かしら? なんちて!

しいちゃん 2011年には、浜田ブリトニーや小森純も整形を告白してる。小森純なんか、まぶたの奥を仮留めしてクッキリ二重を作ったのと鼻にヒアルロン酸注射をしたという本当にプチ整形なんだけど、自ら「顔をイジった」と大げさに言ってネタにしてたね。でも、そういうのはあくまでお笑いやバラエティータレントだけよ。女優やアイドルが告白するのはまだ難しい。今年1月、浅乃ハルミというAV女優が、自身のブログに「美容整形外科で看護士をしている友人曰わくモーニング娘。の子とかやっぱり芸能人は狂ったようにお直しに来るそうです」「やり過ぎて可愛い通り越して怖いになってる芸能人とか直接逢った方でいらっしゃったから(書きたいけど書けないウズウズ感)」と書いて(該当の投稿は現在は削除)、批判が殺到し炎上。

編集S 自分の整形告白ならともかく、他人の整形暴露で話題作りはいただけないわね。

しいちゃん 結局、1月18日付の投稿で「グループ名をそのままあげるのは、そのグループの方々にも、グループのファンの皆様にも何かしらショックを与えてしまう行動だったこと、浅はかで愚かだったと反省しました」「かたくない日記を書きたい……度が過ぎていました」と謝罪したの。でも、「片方のグループだけが整形しているとは全く思いません じゃあもう片方のグループの子らも整形してるのかよ!! と言われてもハッキリとしたことは書けません」なんて、AKB48の整形疑惑を匂わせるような記述もして、さらに物議を醸してた。全然謝罪する気が見られない(笑)。

編集S 男性アイドルグループのメンバーだって整形疑惑が濃厚だもの、女性なんてなおさらよね。私なんて取材中に整形に気付いちゃって、笑いをこらえるのに必死なのよ!

しいちゃん ああ、Sがよく耳打ちするあの人のことね! 笑いをこらえてこそ、真の編集者よ! そういえば、高須クリニック院長・高須克弥氏の息子で同名古屋院院長の高須幹弥氏は、3月26日に自身のブログで前田敦子について、「あれだけスタイルが良くて、顔が小さくて、顔のパーツの一つ一つが美しくて、全体のバランスが良いのは、全てのメンバーの中で前田敦子さん以外にいません」と誉めながらも、「しいて欠点を挙げるとすれば、顔のパーツがやや中心に寄り気味だということと、ややエラが張っているということと、やや地黒だということくらいです」と書いて炎上。「偉そうに語るな」「自分の顔見てから人の顔批判しろ」とファンは大激怒したのよ。

編集S 「顔のパーツが中心寄り」なんて、誰もが知っていることをわざわざ書かなくてもいいのに、叩かれたかったのかしら? M気質?

しいちゃん 幹弥氏は2月22日にも、“AKB48期待の新人研究生”として知られる光宗薫に関して「美人」と誉めながら、「しいて欠点を挙げるとすれば、中顔面(目から口までの間)がやや長いということと、エラが発達していない上に痩せすぎのため頬にほとんど肉がついておらず、顔の下半分がカマキリのようにシャープになりすぎていることで、ちょっと意地悪そうにみえたり、取っつきにくそうに感じるくらいです」とコメントしてた。カマキリって、例えがヒドすぎる~(笑)。ちなみに、高須先生によれば、芸能人の整形疑惑は多々あるけど、すっぴんにしてプロが診察しない限り、テレビの画面で見たくらいじゃほとんど見抜くことはできないそうよ。

編集S 「しいて欠点を挙げるとすれば」と言いながら、ボンボン悪口を言ってるじゃない! 私もこの手法を使おうっと。みなさんも、上司や同僚に「しいて欠点を挙げるとすれば」と取ってつけたように言ってから、どんどん毒吐いた方がいいわよ!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!