[ジャニーズ・メディアの裏側]

プラチナチケットのはずが、嵐のイベントが3日前までコンビニで買えた?

arashi-all04.jpg
歌って踊らない嵐には興味ないってこと?

 6月24日~26日の3日間、東京ドームで行われた嵐のチャリティーイベント『嵐のワクワク学校~毎日がもっと輝く5つの授業』。本来はコンサートを行う予定だった東京ドームを教室に見たて、嵐の5人が「先生」となって電気やエネルギーの大切さ、食べ物のありがたさなど、それぞれが4万5,000人の「生徒」に「授業」を行った。

 いつもはド派手な演出やきらびやかな衣裳、歌、ダンスでファンを盛り上げる嵐だが、今回はアリーナ中央のシンプルなステージでのパフォーマンスに徹し、楽曲もバラード1曲のみ。使用電力も通常の半分に抑え、そのうちの90%を電源車の自家発電でまかなった。3日間で計22万5,000人ものファンを集客し、収益金のうち2億円を被災地に寄付するなど、嵐初のチャリティーイベントは見事大成功。が、”今、日本で一番チケットを取りにくい”といわれるプラチナイベントが一転、”空席祭り”になってしまう可能性もあったというから驚きだ。
 
「嵐は7月から来年の1月にかけての長期スパンでコンサートツアーを予定しています。今回の東京ドームも、コンサートをするはずだったのですが、電力不足を考慮してチャリティーイベントへ内容変更したんです。参加できるのはFC会員のみという厳しい制限を設けたのですが、ふたを開けてみれば予想以上に売れ行きが悪く、プラチナどころか定員割れ。急きょ締め切りを延長したり、申し込みの再募集や一般発売分でなんとか売りさばいたそうです。『イベントに参加すると、そのあとのコンサートチケットの抽選に当たりにくくなる』といううわさを信じたファンが申し込みを控えたようですが、あの嵐のイベントが公演3日前までコンビニで買えたというのだから、驚きですよね」(週刊誌記者)

 それでも、イベント2日前から開始したグッズの販売には早朝から多数のファンがつめかけ、一時は10時間待ちという事態にまで発展。最終日は販売スタート3時間ほどで購入列が打ち切られてしまい、急きょ8月6、7日に東京ドームでの再販が決定したほどだった。

「そう考えると、嵐って世間が思っているほど本当に売れているのか売れていないのか謎ですよね。以前から、CDの売り上げやコンサートの収容数に対してドラマやバラエティーで視聴率が取れない、などとも言われてきましたが、広く浅いファンがいるSMAPに対して、嵐は一部の熱狂的なファンと、逆にコンサートやイベントに行くほどではないけどグッズやCDはほしいっていうファンに支えられているんだなぁと実感します」(ジャニーズウォッチャー)

 実際、今回イベント参加を見合わせたファンからは「DVD発売してくれたら絶対買う!」という声も。先日、歴代DVDセールス500万枚突破という快挙を成し遂げた嵐だけに、チャリティーイベントをDVD化して収益を寄付すれば、さらに大きな貢献になりそうだ。

『ARASHI 10-11TOUR”Scene”~君と僕の見ている風景~ DOME+ 【初回限定盤】 [DVD] 』

授業、ってねぇ……

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
チャリティーにもうちわとペンライト持参! 問われるジャニーズファンのモラル
嵐効果で軒並み高値! 紅白歌合戦の観覧券がオークションで30万円!?
下品すぎるウチワまで! 嵐のツアーでファンのモラル低下が深刻に

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク