芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

classy1106.jpg
「CLASSY.」6月号(光文社)

 先月号の「結婚できる服」特集から、今月号の「『痩せて見える』が夏を制する!」の流れを考えてみると、「CLASSY.」は女性誌における新たな編集手法を実験的に始めているような気がします。というのも、実は「結婚できる服」も「痩せて見える服」も、紹介しているアイテム自体は取り立てて目新しいものではありません。もしかしたら、「Domani」(小学館)や「InRed」(宝島社)とカブっているかもしれない、今期の新作アイテムです。他誌が「日本の春服」(「GINGER」6月号/幻冬舎)、「真実のヘビロテ服ランキング」(「MORE」6月号/集英社)と、役にも立たないタイトルでまとめているところを、「結婚できる」「痩せて見える」という「CLASSY.」読者である妙齢女性の"欲望"でまとめてあげることで、雑誌の求心力を上げているのでは、と邪推します。

 確かに、「本当に結婚できるか?」といえばNoですし、「痩せて見えるか?」と言われれば微妙です。が、考えもなく服を紹介するよりは媒体カラーを考えながら試行錯誤しているようで、女性誌の新たな流れになるのでは? と期待できる部分も。もちろん、"やっちゃってますね~"という部分は容赦なくツッコミますが、基本的には温かく見守りたいと思います。「おばあちゃんのぽたぽた焼」でも食べながら、読みますか。

<トピック>
◎「痩せて見える」が夏を制する!
◎誰もがうっとり!「雰囲気美人」の作り方
◎"理系男子"はいいことずくめ!?

■恐るべし、後出しジャンケン!

 早速「『痩せて見える』が夏を制する!」を見ていきましょう。「CLASSY.」いわく、「長所を生かせばもっとキレイになる!」とのことなんですが、キャッチには「誰にでも自慢できるところが一つはあるから」という、なんとも感じの悪い一言が付いてます。タイプ別にスタイル良く見えるコーディネートを紹介しているのですが、「脚のキレイさには自信アリ!」「ウエストの細さには自信アリ!」「上半身のきゃしゃには自信アリ!」「手首・足首の細さには自信アリ!」と分けられているんですが、それが本当ならもうその人痩せてるじゃん! 「全体的にデブなんで、全体と比較すれば手首・足首は細く見えます」っていう筆者のような人にこそ、「痩せて見える」コーデを紹介してほしいんですけど......。

 さらには紺や黒など「引き締めカラー」の活用術や着こなしポイントの解説に続いて、真打ちが登場! それは「補正下着でスタイル美人の総仕上げ」です。補正下着を使っていいなら、「痩せて見える服」とか関係ないじゃん。後出しジャンケンじゃん! それならこっちも言うけど、だいたい「服でスタイルをごまかそう」っていう考えが、もうデブじゃん! と植松晃士みたいにツッコんでおきました。なんか、この一連の流れが、様式美みたいでイヤだけど。

■あれ? 「Domani」?

 今月の「CLASSY.」は、自誌の読者をデブでブスだと思っているのでしょうか? 「痩せて見える」に続いて、「誰もがうっとり!『雰囲気美人』の作り方」というページまで用意されています。でもって、このページが、「Domani」の秘技・「いい女気どりポエム」なんですわ~。一部ご紹介しますと、

「シャツ×デニムの定番をこなれた雰囲気に着こなせるオシャレ度の高さ。『あの人一体何者なんだろう...』」
「真っ白なノースリーブからスラリと伸びた腕。その凛とした佇まいが初夏にふさわしい透明感のある美人を連想させる」

 はぁ~~~。ドヤ顔でいい女気どりなのに、企画が「『雰囲気美人』の作り方」。これ読んで、こっ恥ずかしいのが読者、というのが何ともいたたまれない。雑誌代を払っているはずなのに、こんな思いをさせられるなんて......。

■欲望が直球すぎ!

 そして、読み物ページには「"理系男子"はいいことずくめ!?」と、「an・an」(マガジンハウス)から遅れること1年、「CLASSY.」も理系男子に目を付けちゃったようです。読み物ページが不得手な「CLASSY.」なので、内容は特にご案内する箇所もないのですが、リードがあまりに素直すぎて......。

「職場に女性が少ないことから、未婚率が高いと言われる職業、それがシステムエンジニアや研究職など、"理系"の職業に就いている男性たち。彼らは仕事熱心で真面目、しかも高収入な場合が多く、CLASSY.世代にとってはまさに理想の結婚相手なのです!」

 あらあらあら。どう読み取っても「高収入目当て」発言ですよね。「私たち、20代女子と違って、余計な恋愛とかしてる暇はないんです!」って鼻息荒らそうな「CLASSY.」読者が目に浮かびます。でも中身を読むと、ガッツいた女とコンサバ系甘めファッションの女が苦手とのことで、理系男子の好みに「CLASSY.」読者が入っていないことが発覚!! どうしてこの企画を採用したのだろう......と疑問だけが残りました。

 今月から「CLASSY.」を温かく見守る、と言った舌の根も乾かぬうちにこのレビュー。女心というのは本当に変わりやすいものですね(他人事)。ちなみに来月号の特集は「私をHAPPYにしてくれるオシャレがある!」。あれ? なんだか、ボンヤリした特集だぞ?
(小島かほり)


「CLASSY.」


雰囲気美人って、最後にひねり出す褒め言葉だよね


amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
「CLASSY.」の「結婚できる服」特集、最初の1ページで本を閉じたくなるワケ
「本命彼女」を掲げる「CLASSY.」、中身は『ちつ☆トレ』と一緒?
「"女"な気分でパンツが着たい」、意味をなさない「Domani」のポエムが痺れる!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます
関連リンク
powered by newziaコネクト

PR

サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップや劣化情報などをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!