[ジャニーズ・メディアの裏側]

事務所は公認済み? 赤西仁のTwitterのフォロワーが6万人突破

jintwteero1.jpg
ファンにとったら辞書片手にツイー
トを読むという試練

 米メジャーデビューを夏に控え、2月末より米国に滞在している赤西仁。日本では5月4日にライブDVD『Yellow Gold Tour3011』のリリースが決定しているものの、ほかにはこれといった動きもなく、有料携帯サイト「Johnny’s Web」の赤西個人のカテゴリも、震災直後からしばらく更新されないまま。「YOU&JIN USA公式サイト」のNEWSコーナーも昨年末よりストップしており、彼が米国で何をしているのか、どんな生活を送っているのか、ファンは知るすべがないのが現状だ。

 そんな中、突如としてスタートしたのが『~Jin Akanishi official twitter USA~』。”赤西らしい”発言がタイムリーに楽しめるとファンの間で話題を呼び、スタートから約1週間でフォロワーは6万人を突破。4月8日には赤西自身、「reached 60000!!!thank you for following me.」と喜びを表現。現在も一日に数千人という驚異的な速度でフォロワーを増やしている。
 
「プロフィールにオフィシャルとは書かれているものの、仁の公式サイトからリンクされているわけでもなく、告知もなく始まったため、はじめは『ニセモノでは?』とみんな警戒していました。が、仁のツアーに同行したダンサーグループや城田優くんをはじめとする赤西軍団の面々、仲のいいBENI、BoA、Crystal Kayらがリプライしていることで『本物だ!』と確信した人が多かったようですね。時差の関係か、夜から明け方のツイートが多いんですが、ほぼ毎日つぶやいてくれていて……仁を身近に感じられて、とってもうれしいです」(30代の赤西ファン)

 あくまでも「米国でのプロモーション活動の一環」ということで、ほとんどのツイートは英語だが、たまに日本のファンを意識したかのようなローマ字でのつぶやきも。中でもファンが「仁らしい!」と心をくすぐられたのが4月1日のこんなつぶやきだったという。

「kono twitter ha akumade US mukenomononanode kihontekiniha eigodeyarasashiteiatadaitemasu.soredemoto iukataha minasan zenzen welcome desu:)」

「『yarasashiteiatadaitemasu.(やらさしていあただいてます)』という言い回しをしちゃうあたり、これは絶対に仁だ! って思ってほほ笑ましかったです(笑)。『Johnny’s Web』でもメッセージはたまにアップされてますが、仁らしくない優等生的発言が多くて、絶対に事務所の人の手が入っているんだろうなって感じてて。その点、ツイッターでは友達とのやりとりも垣間見られるし、いかにも仁! って感じのヤンチャな発言も多くて面白いですよ」(同)

 「Can I fart? (おならしてもいい?)」などの発言や、「ヒップホップかバラードか?」「あなたの好きな擬音語は?」「雨の日に彼女と一緒に過ごすほうが好き? それとも一人で太陽を見るほうが好き?」などファンが気軽に答えられるような問い掛けも多く、飽きっぽい赤西もとりあえず今のところはツイッターを楽しんでいる様子。

「ほとんど更新されない有料公式サイトよりも、無料で楽しめるツイッターが人気を集めるのは当然のことですが、友人らとのプライベートなやりとりも多く、こうした動きに敏感なジャニーズ事務所がこのアカウントを把握しているのかどうか、ちょっと疑問ですね。ある日突然消滅する、なんて可能性も高いような気がします」(ジャニーズに詳しい記者)

 過去にはFacebookに本名で登録し、複数のハーフ女性らとの交友関係が露呈してしまったこともある赤西。芸能人による”誤爆騒動”も多いツイッターの世界だけに、ただでさえ失言が多い赤西がなにか”やらかして”しまうのではないか不安は募るばかりだが……。

『Yellow Gold Tour 3011(初回限定盤A)(2枚組DVD)(携帯ストラップ型ツアーパス・レプリカ付)』

saijyono twittermo yoroshiku

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
赤西仁、「ホテル密会」米国人バックダンサーと公私ともどもラブラブ
森且行と同じ処遇? KAT-TUNの映像から赤西仁をカット!
「僕らはお騒がせグループだから」……5人になったKAT-TUNの新たな決意

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク