しいちゃんの芸能解説講座【裏】

去年の秋に破局済みだった! 岡田准一と蒼井優、破局報道のウラ側は?

okadajyuniti.jpg
俺、もう涙目だよ~

編集S V6の岡田准一と女優の蒼井優が破局してたんだって? 去年秋にはすでに別れてたって話じゃない。あ~あ、蒼井優もすっかりこちら側の人間ね。秋の夜長が辛かったろうに。誘ってくれたら、ウイスキー持参で駆けつけたのにね。

しいちゃん Sの深酒に付き合うとロクなことないじゃない。それはさておき、結局交際1年くらいで別れたみたいね。蒼井優は、今年1月、大森南朋と中目黒のおでんバーでデートしてたことが報じられて、「岡田がこの報道に激怒した」なんて話もあったんだけど……フタを開けてみたらその頃にはもう別れてたんじゃない。なにが激怒じゃ!?

編集S 私もあのときは「蒼井優ったら、やるじゃない!」と思ったけど、浮気してたわけじゃなかったのね。「好きな男の腕の中でも~ 違う男の夢を見る~♪」って一緒に歌えると思ったのに~。

しいちゃん 蒼井優のご近所サンによくよく聞いてみたら、「交際が報じられた2008年夏頃は、岡田クンと二人で買い物をしている姿をよく見かけたけど、昨年秋ごろからはぱったりですね」だってサ。大森南朋も、去年9月に同棲していたPUFFYの吉村由美と別れたばかりだったから、アツアツのおでんで互いに慰め合ってたのかもね。

編集S アツアツのおでんには、「美少年」っていう日本酒が合うのよね~。分かる分かる、酒飲んでたら失恋なんてどうでもよくなっちゃうって。で、また二人の思い出が酒の肴にぴったりなのよ~。

しいちゃん ちょっと! あたちの話を聞いてるの!? ふたりの共通の趣味はインテリア。岡田クンなんか蒼井の意見を取り入れながら5,000万円かけて自宅の高級マンションをリフォームしたっていうのにね。結局、そこに一緒に住むことはなかったようよ。破局の原因は、”すれ違い”。芸能人でよくある理由よね~。

編集S ふっ。「すれ違い」だけで別れるなんて、まだまだケツが青い証拠ね。はっ、「蒼井」と「青い」をかけた親父ギャグみたいになっちゃった~!! やだやだ、そんなつもりじゃないのよ!

しいちゃん (ナチュラルスル―)特に蒼井優はかなり悩んでいたみたい。芸能記者サンによれば、「仕事熱心な岡田を尊敬する一方、『寂しい』と漏らすこともあった。なかなか同居生活もスタートできず、仕事仲間と飲みに行って気を紛らわせていた」って話。それに「女優としても、06年の映画『フラガール』のインパクトを超えることができず、仕事に身が入らなかった」って。

編集S ったく、恋愛ぐらいで仕事をないがしろにするから、「女はダメなんだ」って一括りにされんのよ。本当になってないわね。一番むかつくのは、寂しさを紛らわすために酒を使ってることね! 酒は楽しく飲まなきゃいけないのよ。原料の米を作ってくださる農家のみなさん、酒蔵のみなさん、もう感謝する人はいっぱいいるのに、失恋ごときで酒を使うな~!!

しいちゃん (カジュアルスル―)しかも、相手がジャニーズでしょ。タイヘンだよ~。ある芸能事務所社長サンなんか、「イメージを大切にするジャニーズと付き合うのは、リスクが大きすぎるから、絶対やめてくれ」って所属タレントにキツーく言い聞かせてるくらい。結婚っつったって、そうすんなりはいかないでしょ。事実、岡田クンが今のタイミングで結婚というのは「ありえない」というのがジャニーズウォッチャーの見方。それにジャニーズと付き合うと、ファンの中傷もひどいの。蒼井優も「あんなブスと岡田クンが付き合うわけがない」「岡田クンにとってただのセフレ」なんて罵倒されてた。

編集S アタシに言わせりゃ、同性からの罵倒が女を一番磨くのよ。「こんなこと言われたけど、今度隙あらば、あいつに○○って罵倒し返してやるわ!」ってね。それより、随分前に別れたはずなのに、どうして今、報道されたのかしら?

しいちゃん そう、そこなのよ! これはもしかしたら何かウラがあるかもしれない……。芸能記者サンは、「今このタイミングで報じたのは何か理由があるはず。たとえば、事務所側にとって都合が悪く、どうしても報道されたくない件があった場合、それを報道しないよう要請する代わりに、二人の破局話を提供した、ということもありうる」って言ってた。そういうふうに事務所側とメディアが手打ちをすることはよくあることなんだって。芸能界は怖いわね~。

編集S それが出来ないから、サイゾーってメディアからも芸能界からも仲間外れなのね! しいちゃんから学ぶなんて、アタシもまだまだ半人前ね。

しいちゃん (エレガントスル―)イケメン好きのあたちとしては、岡田クンがヘンな女にひっかからないよう祈ってるわ!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク