しいちゃんの芸能解説講座【裏】

大塚愛が絵本作家デビュー!元カレ暴露発言に続く話題作り?

ootsuka.jpg
「LOVE LETTER」エイベックス・
エンタテインメント

編集M 大塚愛が3月31日に「ネコが見つけた赤い風船」(講談社)って絵本を出すって聞いて、超ウケたんすけど! 絵うまいの、愛ちゃんは?

しいちゃん うーん、うまいか下手かはノーコメントで(笑)。一応、これまでCDやライブDVDのジャケットなんかではイラストを発表してたよ。本人いわく「その時の状態により、自分が受けるインスピレーションが異なるため、同じ絵は二度と描けない」らしい。それ、要するに下手ってことよね!?

編集M しいちゃん、それは禁句! 「下手」って声が聞こえないフリして、必死にアーティーストぶってるんだからさ〜。一所懸命なんすよ。

しいちゃん そうなのよね。歌が売れなくなってから、話題づくりに必死な感じがアリアリ。昨年11月には、カップルのみを集めた日本初のペアチケットツアーを開催して、「昔、一緒に暮らしてた彼氏に怒られたことがあった。『お前オレの納豆食べたやろ!』って」なんて同棲経験を、いきなりぶっちゃけたこともあったな。

編集M 必死すぎ! 一応、大塚愛の絵本は生と死、愛をテーマにしたまじめな本らしいっすよ~。

しいちゃん とはいっても、趣味程度のことをなんとか商売にしようとするのが、芸能界でしょ。絵本はこれまでもSHIHO、相川七瀬、Kiroro、PUFFY、奥菜恵、優香、さとう珠緒、本上まなみ、ベッキー、篠原涼子、渡辺満里奈(ストーリーのみ)、Cocco、中島みゆき、河村隆一も描いてるのよ~。

編集M 本上まなみ、ベッキー、篠原涼子、渡辺満里奈あたりは出しそうだと思ったら、出てるんだっ!

しいちゃん お笑いタレントも最近進出してきたわね。たとえば、南海キャンディーズの山崎静代、キングコングの西野亮廣、芋洗坂係長も出版した。変わり種で言えば、貴乃花親方がストーリーを担当した絵本もあるんだよ! これ以外にもたくさんいるよ。

編集M 貴乃花親方のは読みたいっす。

しいちゃん この中でちゃんと「絵本」として評価を受けているのは、Coccoの本くらいかしら。しずちゃんやキンコン西野は一応「絵はうまい」とは言われているけど、amazonの書評では「子供に見せたら泣きだす」「絵が怖い」という批判も。あんまり個性をぶつけられてもウケないってことね。

編集M それならむしろヘタうまの方がマシ?

しいちゃん まあ、だいたいはヘタうまどころか箸にも棒にも掛からない本ばかりで、出版当初だけ芸能ニュースとしてちょっと取り上げられたくらいで、あとはサッパリというのが実際のところ。大塚愛も絵本出版がどれだけ本業にプラスになるかわからないけど、とりあえずがんばってほしいわね。

編集M もしかしたら片岡鶴太郎の書画みたいに意外と儲かったりするかもしれないしね、愛ちゃん頑張って(笑)!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!