なぜ今ごろ!? 嵐、KAT-TUNによる出版社提訴の裏側

arashiallmen.jpg
サイゾーウーマンも怒られちゃうかしら

 嵐とKAT-TUNのメンバー計11人が、アールズ出版に対し訴訟をおこしたことが明らかになった。 無断でグループ名や写真などを使用した書籍を出版され、パブリシティ権を侵害したとして、約1億7千万円の損害賠償と、書籍の出版・販売の禁止を求めている。

 そもそも、パブリシティ権とは肖像から生じる経済的価値を独占できる権利のこと。これまでにパブリシティ権が争点となった事例として、ピンクレディの写真を掲載した「女性自身」(光文社)、優香、モーニング娘ら女性タレント15名を掲載した「ブブカスペシャル7」(コアマガジン)の2例がある。

 アールズ出版は、1999年に設立されビジネス書、実用書から芸能までの書籍を刊行している。「レコ ブックス」としてシリーズ化されている芸能本は03年の『平井堅 軌跡』から始まり、現在までに54冊を刊行。うち、ジャニーズタレントを書名にしたものは半数以上の40冊に及び、今回問題になったのはそのうちの12冊。ジャニーズタレント側は「それぞれの売り上げは少なくとも10万部は下らない」とし、その損害額を算出した。しかし、アールズ出版に直接話を聞いたところ、こう返答があった。

 「初版で大体1~2万部、今回の12冊のうち実際には6,000部しか売れていないものもあります。10万部売れた本は1点もないです。何が根拠なのかわからないですね」

 気になるのが嵐とKAT-TUN以外のジャニーズ本については事務所側がスルーしている点。これについては「そこは事務所さんに聞いて頂かないと、こちらではわからないです」とアールズ側も困惑の様子。数年前から売られている本にも関わらず、なぜいまになり訴訟に発展したのか。ジャニーズに詳しい業界関係者はこう話す。

「ジャニーズ事務所の稼ぎ頭が、SMAPから嵐やKAT-TUNといったグループに交代してきています。とにかく、最近は嵐関連の商品売れている。CDや写真集はもちろん、非公式の本でも数万部という調子。さすがに事務所的にもこの数字は無視できなくなったのでしょう。他の媒体に対する見せしめの部分もありそうですね」

 破竹の勢いで人気を増している嵐だが、その波が思わぬところにまで波及したようだ。アールズ出版の判決次第では、嵐以下のジャニタレに対する出版社の対応も変わってくるだろう。今後の展開に注目したい。

『TOKIO 5つの青春物語―結成14年それぞれが奏でる、心のストーリー』 (RECO BOOKS) (単行本)

TOKIOも忘れないで

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ジャニタレたちの恋愛そして、ジャニタレ”との”恋愛
【関連記事】 業界人が暴露! 風俗嬢に性病をもらった大物ジャニタレとは?
【関連記事】 EXILE超えも!? 嵐、ブッチギリの速さでミリオン達成!!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム