その他

映画『三国志』 試写会チケット【10組20名様】

sangouksi.jpg
このプレゼントは締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


不滅の歴史最高傑作「三国志」、完全映画化

sangokusi2.jpg

 日本においても小説・マンガ・ゲームなど、あらゆるエンタテインメントにおいてブームを巻き起こした「三国志」。最近ではジョン・ウー監督の『レッドクリフ』が記憶に新しいが、多くの武将・英雄が登場するためそれぞれの作品が違ったアプローチを試み、それぞれの魅力を持っている。本作では、「三国志」に登場する数多くの武将の中でも圧倒的な人気を誇る趙雲が主役となって、物語が展開していく。

 その趙雲を演じるのは、アジアのスーパースター、アンディ・ラウ。蜀の君主・劉備に仕え、勇猛で義にあつく容姿端麗であったとされる趙雲を完璧に演じきり、本国の公開時には観客に大きな感動をもたらした。脇を固めるのは、『M:i:Ⅲ』『ダイ・ハード4.0』への出演で世界的スターとなったマギー・Q、『燃えよドラゴン』(73)を始め香港映画の歴史を担ってきたといっても過言ではないサモ・ハン、そして日本でも熱狂的人気を誇るアイドルグループF4のメンバーであるヴァネス・ウーなど、人気と実力を兼ね備えた豪華キャストたち。歴史最高傑作を現代中国の最高峰の技術とキャストで甦らせた感動大作が、いよいよ日本で公開される。

2009年2月 シャンテシネほか全国公開

 以下の試写会情報をよくご確認の上、ご応募ください。

【試写会日程詳細】
●日程:2009年2月10日(火)
●時間:18:00開場 18:30開映
●開場:有楽町朝日ホール

ご応募はこちらから

『三国志』
【CAST】 趙雲:アンディ・ラウ 曹嬰:マギー・Q 平安:サモ・ハン 関興:ヴァネス・ウー 鄧芝:アンディ・オン
【STAFF】 監督:ダニエル・リー 製作:チョン・テウォン 製作:スザンナ・ツァン アクション監督:サモ・ハン 撮影:トニー・チャン・トンリョン 美術:ホレス・マ・コン・ウィン 音楽:ヘンリー・ライ
2008年/中国/カラー/102分/DOLBY DIGITAL/シネマスコープ 原題:Three Kingdoms:Resurrection of the Dragon/字幕翻訳:岸田恵子 提供・配給・宣伝:プレシディオ
(C)TAEWON ENTERTAINMENT CO., LTD. and (C)VISUALIZER FILM PRODUCTION LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!