「ブラピより好き!」 在日フィリピーナにはキムタク人気健在!

kimutakutaku.jpg
キムタクのイケメンぷりはアジアレベル!

 先日、女性誌『an・an』のランキングで15年連続「好きな男ランキング」1位(記事参照)という偉業を達成したキムタクこと木村拓哉。だが、その人気にも陰りが見え始めているという。

「キムタクが好きな世代はアラフォーと呼ばれる30代後半から40代です。今年の春に放送されたドラマ『CHANGE』では、スタート時期をズラしたり最終回でもないのに最終回のような煽りを入れたりして何とか20%超えの面目を保ちましたが、10代20代の人気は明らかに小栗旬や上地、市原隼人などの若いイケメンに移っていますね」(芸能ライター)


 しかし、日本を離れれば話は別。ウォンカーウエイ監督の『2046』に出演したり、『HERO』の宣伝では『西遊記』の香取とカンヌに仲良くでかけたりと、海外進出、ハリウッド進出を気にしているキムタクだが、韓国や中国・台湾などでの人気はまだまだ健在なのだという。

「特に顕著なのがフィリピーナたちです。日本のフィリピンクラブにいるフィリピーナたちのほとんどはキムタク好きといってもいいくらい人気が高い。フィリピーナに好きな男性のタイプは? と聞くとトム・クルーズやジョニー・デップ、ブラッド・ピットなどのハリウッド俳優の名前も出ますが、キムタクはそれらの外国人よりも人気が高いですよ。日本人では唯一といってもいいくらい必ず名前があがります」(風俗ライター)

 なぜ? と思われるかもしれないが、現在日本のパブやクラブなどで働いている20代のフィリピーナたちは、本国のフィリピンでキムタク主演の日本のドラマを見て来た世代が多いのだという。

「キムタクが主演した『ロング・バケーション』や『あすなろ白書』などは、海外でも人気が高いんですよ」(風俗ライター)

 つまり彼女たちにとって、子供の頃、日本のイケメンといえばキムタクだったというわけだ。そんな世代が日本に出稼ぎに来て、日本人と結婚し、新たにフィリピンクラブをオープンさせる。ちなみに、現在はネットなどですぐにタガログ語に訳されてフィリピンで流れるため、ほとんど時差がなく日本のテレビドラマが見られるという。

「いまフィリピンで人気のドラマは、少し前の『花より男子』などが圧倒的ですね」(前出風俗ライター)

 もしかしたら、5年後10年後のフィリピンパブでは松潤や小栗旬が人気になっているかも!?

【関連記事】 ファン絶叫! 木村拓哉と香取慎吾、衝撃キスの真相
【関連記事】 SMAPのツアーでキムタクの叫びに、ファンは鳥肌!
【関連記事】 今年もやってきました! an・an「好きな男・嫌いな男」結果発表

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム