[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

KAT-TUN15周年、「どのツラ下げて」「空気読めない」と田口淳之介に冷ややかな声――田中聖も祝福メッセージ投稿

2021/03/23 08:00
サイゾーウーマン編集部
15年で30年分くらいいろいろあったね

 2006年3月22日に「Real Face」でCDデビューを果たし、このほど15周年の節目を迎えたKAT-TUN。3月21日には映像配信サービス・Johnny’s netオンラインを通じて『KAT-TUNデビュー15周年 前夜祭』を実施し、記念日当日も生配信ライブ『15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN』を行い、ファンを喜ばせた。ネット上のファンが祝福ムードに包まれる中、元メンバーのコメントが物議を醸している。

 KAT-TUNは01年に結成され、5年後の06年に亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一の6人でデビュー。彼らはジャニーズJr.時代から高い人気を誇っていただけに、デビュー曲は初週で75.4万枚を売り上げるなど、大ヒットを飛ばした。ところが、10年7月に赤西がソロ活動に専念するとしてグループを脱退し、以降は5人で活動を継続。13年には「度重なるルール違反」があったという理由で、ジャニーズ事務所が田中との専属契約を解除したと発表。9月30日付で退所し、KAT-TUNは4人組となった。

 そして15年11月、『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト』(日本テレビ系)に生出演した際、田口が「来年の春を持ちましてKAT-TUNを離れ、ジャニーズ事務所を退所することになりました」と、報告。突然の脱退宣言に対し、多くのファンがショックを受けた。

「田口は、事務所を辞める理由や、グループを離れるを具体的に話そうとはしませんでした。当時、中丸も公式コメントで『田口の今後の具体的なビジョンは聞いておりませんが』と述べていたほどです。それだけぼんやりした退所理由だっただけに、背景には、かねてより交際が伝えられていた女優・小嶺麗奈が関係しているのではないかとも、ささやかれていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 こうして田口は16年3月末をもって脱退・退所するも、19年5月には小嶺とともに大麻取締法違反の疑いで、厚生労働省麻薬取締部に逮捕されてしまった。後に懲役6月、執行猶予2年の判決の判決が言い渡され、田口は同年11月に芸能活動を再開している。

 一方、3人になったKAT-TUNは16年5月1日の東京ドーム公演を最後に“充電期間”に入り、ソロ活動へシフト。18年1月1日に再始動し、今年3月10日に約3年ぶりのシングル「Roar」をリリースすると、発売初週に25.3万枚を売り上げた。

 なお、同CDを計5枚購入した人を対象に、生配信イベント『KAT-TUNデビュー15周年 前夜祭』も開催。『Going! Sports&News』(日本テレビ系)の生放送を控えていた亀梨はノンアルコールでの参加だったものの、本来は禁止されている“スクショタイム”を本人たちが設けようとするなど、自由な振る舞いが見られたという。

 そんな中、22日午前0時6分頃、田口はTwitterで「KAT-TUN15周年おめでとう!」と、元グループの記念日に言及。ご丁寧に「KAT-TUN 15TH ANNIVERSARY」のTwitterアカウントや、かつての仲間である赤西、田中のアカウントも記載していた。リプライ欄は「このツイート見て泣いた」「いろいろあったけど、自分の中で田口くんは永遠にKAT-TUNのメンバー。田口くんもおめでとう」「何年たっても6人でKAT-TUN。15周年おめでとう!」と感激の声が寄せられているものの、ジャニーズファンやネットユーザーの反応を見ると、批判的な声が目立っている。

 例えば、「田口はどのツラ下げて『おめでとう』と言ってるの!?」「理由がよくわからないまま辞めたくせに、『15周年おめでとう』って……理解に苦しむ」「KAT-TUNの10周年をぶっ潰して、グループを充電に追い込んだ張本人じゃん」「田口、メンタル強いとかの問題じゃなくて、サイコパスでしょ」「お祝いムードが高まってる時に、こういう空気読めないことするのは『田口らしい』『面白い』で片付けられない。感動してるファンもいるけど、自分の周りのファンは怒ってるよ」と、不快感をあらわにしているのだ。

「日付が変わった後、田中は公式YouTubeチャンネル『田中家ch【田中聖】』のコミュニティページにて、『誕生日おめでとう』とメッセージを残していました。22日午後6時時点で4,300を超える“いいね(高評価)”がついており、低評価ボタンは押されていないようです。『一瞬、誰の誕生日!? って思ったけどそういうことか』『Twitterではなく、こっちでお祝いすると思わなかった』『聖くんもおめでとう』と、400件近いコメントが書き込まれていました。田口とは違い、田中はこっそりとお祝いした形ですが、SNSでこの情報が広まり、注目を集めています。かたや、赤西は10周年の16年3月22日には『おめでとう~』とツイートしていましたが、今年は22日午後2時台に『花粉症ヤバい』と、つぶやきました。リプ欄で、前向きなファンがグループ名にかけて『KAF-FUN!?』(花粉)などと、盛り上がっています」(同)

 脱退した3人は現在も音楽活動を続け、田口は8月に東京と大阪で上演される舞台『One Night Butterfly』への出演が決まったばかり。亀梨、上田、中丸には脱退したメンバーの分も、グループを守り抜いていってほしいものだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/03/23 08:31
Roar (期間限定盤2)

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

KAT-TUN15周年、「どのツラ下げて」「空気読めない」と田口淳之介に冷ややかな声――田中聖も祝福メッセージ投稿のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズKAT-TUN元ジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!