• 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上春樹、鼻息荒く100万部発行も、新刊『多崎つくる』は在庫の山だった!?
サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

村上春樹、鼻息荒く100万部発行も、新刊『多崎つくる』は在庫の山だった!?

 前作より4年ぶりの書き下ろし長編として、今年4月に発行された村上春樹著『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)。オリコン調べでは、2...

村上春樹新刊イベント、「本の内容大妄想大会」「ハルキスト極寒に締め出し」の不条理
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』発売!

村上春樹新刊イベント、「本の内容大妄想大会」「ハルキスト極寒に締め出し」の不条理

 「出版不況」といわれて久しい。以前は、「持ち運べる手軽な娯楽」の地位を独占していた書籍や雑誌が、今やスマホにすっかりその地位を明け渡していることから...