【ジャニーズ研究会レポート】

ジャニーズWESTが“女体化妄想”で大暴走! 藤井流星は「超美人」、濱田崇裕は「黒髪の巨乳」!?

藤井流星
女版藤井の職業、「インスタグラマー」以外考えられない

 ジャニーズWESTがパーソナリティーを務めるラジオ『bayじゃないか』(bayFM)。2月10日深夜の放送は、濱田崇裕と藤井流星がパーソナリティーを担当した。

 バレンタインを控えていた週だったため、番組冒頭から“バレンタイントーク”がスタート。藤井はなんと、バレンタインシーズンの『bayじゃないか』に4年連続で出演しているそうで、「バレンタインを愛し、バレンタインに愛された男やな」と、自らお笑い芸人・サンシャイン池崎のネタを披露していた。

 バレンタインに愛され過ぎているため、この時期に語るエピソードはあらかた出尽くしている様子。ということで今年は、なぜか「もしも2人が女性だったら」というテーマで話をすることに。お互い、相手が女性になったときのことを想像していたのだが、「流星が女性やったら……今のまま女性やったら、アカンから」と濱田が言い出す。「忘れ物をしたり、遅刻をしたりする女性はダメ」らしく、ルーズな女性は濱田的に許せないのだそう。

 というのも、濱田が個人的に「遅刻したらダメでしょ!」と、女性に怒ってもらいたいからだという。さらに濱田は「(女性になった)流星に怒られたい」とまで発言し、妄想を膨らませていた。「藤井を女性にしたら」という濱田の妄想はどんどん具体的になり、「ビジュアル、超美人!」と発言。褒めたのかと思いきや、「だから、ほんまに……ムカつくよね!」となぜか怒りの方向へ。さらに濱田は「パーフェクトってダメなんですよ。人間のいいところっていうのは、ちょっとダメなところが見えるとかわいいんで」「かわいすぎると男の人って自信なくなるんですよ」などと熱弁し、“女性版藤井”を考えすぎて大暴走していた。

 一方藤井は、“女性版濱田”について「黒髪やな」とまずは見た目から想像。すると濱田が「清楚系!」「清純派の女性!」とノリノリで続け、「めっちゃかわいいねん、オレが女の子やったら。めっちゃ甘える」と自分の設定も具体的に想像しはじめる。それに対し、「アホ女」「鼻水垂らしてる」など、ふざけた“女性版濱田”像を描く藤井だが、濱田に「もっとちょうだいよ、こんな性格っぽいとか!」と頼まれると、「巨乳っぽいね」と答え、これには濱田も「マジで?」とまんざらではなさそう。その後、藤井が真面目に「かわいい系かキレイ系で言ったらキレイ系」「和服が似合いそう」と回答すると、濱田もようやく満足したようだった。

 バレンタインの“胸キュンエピソード”が語られるかと思いきや、まったく別の方向で大盛り上がりしていた濱田と藤井。来年は一体どんなバレンタイントークが聞けるのだろうか。

濱ちゃんは「オタサーの姫」かな……

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズWESTが“女体化妄想”で大暴走! 藤井流星は「超美人」、濱田崇裕は「黒髪の巨乳」!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズWESTのニュースならサイゾーウーマンへ!