[ジャニーズ・メディアの裏側]

「嵐より関ジャニ∞使いたい」日テレ局内で高まる、ジュリー氏“嵐最優先”姿勢への反発

arashi_conlast.jpg
また翔さんと大野さんに絵を描かせて、神経衰弱とかやってほしいよ

 ジャニーズ御用達のスポーツ紙などで、“ポストSMAP”として、嵐の名前が浮上しているが、マスコミ関係者の間では賛否が飛び交っているようだ。嵐の番組を多数擁する日本テレビは、嵐ではなく「関ジャニ∞を推していきたい」と考えているというが……。

 現在日テレでは、嵐の冠番組『嵐にしやがれ』のほか、櫻井翔が月曜キャスターを務める『NEWS ZERO』、相葉雅紀がレギュラー出演する『天才!志村どうぶつ園』、二宮和也のMC番組『ニノさん』を放送中。対する関ジャニ∞は、冠番組こそないものの、『ヒルナンデス!』に横山裕、また『月曜から夜ふかし』に村上信五がそれぞれレギュラー出演している。

「日テレは、SMAPやKis‐My‐Ft2ら、かつて“飯島派”と呼ばれたタレントよりも、TOKIOや嵐といった“ジュリー派”のタレントを多く番組に起用してきました。かなりジュリー派寄りの局だったといえるでしょう。特に、ジュリー氏がイチから育て上げた嵐との付き合いは古く、2001年開始の『真夜中の嵐』から現在まで、嵐の冠番組を放送し続けています」(テレビ局関係者)

 そんな日テレ局内で今、「嵐よりも関ジャニ∞を推していきたい」という声が強まっているという。

「嵐の番組が視聴率不振であることはゆるぎない事実。7月23日放送の『嵐にしやがれ』は、6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と“消費税割れ”してしまい、低迷している印象が拭えません。日テレとしては、いわば“ヨゴレ仕事”でもやってのけられる関ジャニ∞を使いたいそうですが、ジュリー氏はとにかく嵐が再優先で、バラエティでもドラマでも、関ジャニ∞をはじめ、他グループは二の次扱い。現状、嵐の視聴率がアップしない限りは、関ジャニ∞の看板番組を作ることはほぼ不可能のようです」(同)

 さらに、もし日テレで、関ジャニ∞の冠番組が生まれたとしても、「ジャニーズは年功序列に厳しい体質なので、『嵐にしやがれ』の視聴率を上回ってしまうことは、絶対に許さないはず。芸能界全体でも、こういった考え方は珍しくなく、むしろ当然という風潮があるので、日テレもそれに従わざるを得ないでしょうね」(同)とか。

 テレビ各局、またジャニーズ事務所に関しても、SMAPの解散後にクリアしなければならない課題は山積みのようだ。

関ジャニ∞の「東京やったんぞ」スピリットは死んでないよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー