[女性誌速攻レビュー]「an・an」8月24日号

「an・an」セックス特集に異変!? 愛撫テクニックは消滅、“エロエリート”新機軸とは?

anan160824.jpg
「an・an」2016年8月24日号(マガジンハウス)

 毎年恒例、「an・an」(マガジンハウス)セックス特集の季節がやってまいりました。表紙と巻頭グラビアでセクシーな下着姿を披露しているのは、HKT48の指原莉乃さん。ジャニーズやイケメン俳優のヌード姿を毎年期待している皆さん、残念でしたね……。ちなみにインタビューを読んで得られるのは、「さっしーが初めてインポートランジェリーを身に着けた感想」や「さっしーの考える“オトナの色気”」など、ファン以外からしてみれば「正直どうでもいい」情報のみ。「an・an」セックス特集に掲載するなら、「これまでにした最高のセックス」や、せめて「理想のセックスシチュエーション」などについて赤裸々に語ってくれ~!

 さて初っ端から取り乱してしまいましたが、今回のテーマは「SEXできれいになる。」です。こちらのテーマ、「an・an」が初めてセックス特集を組んだ1989年4月14日号のテーマと同じものだそう。原点に立ち返った「an・an」があらためて考える、「女性をキレイにするセックス」とは何なのでしょうか? さっそく内容をチェックしていきましょう!

<トピックス>
◎私を美しくするSEXの話、2016
◎誰にも内緒の、妄想全開! こんなセックスがしたい! したい!!
◎未知なる快感を巡る冒険へ! 官能女子養成講座。

■女性の、女性による、女性のための「セックス特集」?
 過激なセックステクニックを指南する企画がお家芸の「an・an」。昨年は、彼氏のペ○スを「チャペル」に見立て、「樹木ヴァージンロード」「アヌスの細道」などのナゾ隠語を使って愛撫テクニックを解説し、一部の読者を抱腹絶倒(?)させたものでした。

 今回はというと、……アレ、テクニック解説はほぼなし! それどころか、女性誌では定番の「オトコの本音」系の企画も、芸人のトーク企画以外にはほとんどありません。代わりに掲載されていたのは、女性目線のセックス妄想企画、“女子のための”コンドーム選び講座など、あくまで女性主体のものでした。

 そう、これまでの「an・an」にありがちだった、「いかにして男性の歓心を買い、悦ばせるか」的な意思を強く感じさせない誌面になっているのです! 確かに、こうした男性主体の「an・an」セックス特集は、一部女性読者から批判されていたようですが、珍テクニック企画を楽しみにしていただけに多少がっかり。これも時代の流れでしょうか? 

 序盤に掲載されている、著述家・湯山玲子さんの「自分から求める女が、SEXでキレイになれる。」を見てみましょう。アンケートでセックスが好きな理由に「快感より“愛情を確認できるから”」と答えた読者が多いことに対して、「真面目」「相手に飽き始めた時のセックスはどうするのか」と苦言を呈し、セックスの醍醐味は「性衝動に正直になり、動物と化している姿も受け入れてくれる相手を見つけること」と、なかなか過激な発言をしています。また、「ビビッときた相手とセックスすることが大事。子宮の声ですから」とも……。男性に媚びることなく、自分の欲求を素直にぶつけられる相手とガンガンセックスしよう、そうすればキレイになれるよ! というのが今年の「an・an」のアンサーでしょうか。

ひよってんなよ! 指原!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク