[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐、11月の東京ドーム公演は「SMAPの代打」!? 頓挫した“25周年コンサート”の内容

160728smap.jpg
25周年目の「BEST FRIEND」を聞きたいのに……

 毎年の恒例行事となっている、嵐の5大ドームツアー。今年は、東京ドーム公演が11月と12月にそれぞれ3日間ずつ行われると発表されているが、11月の日程は、もともとSMAPの「25周年コンサート」が開催される予定だったようだ。

 一部週刊誌で報じられている通り、25周年コンサートは、演出を担当する香取慎吾が、木村拓哉との共演を拒否していることから、開催自体が絶望視されている。


「元SMAPチーフマネジャーの飯島三智氏は、どうやら25周年コンサートに、1996年に脱退した森且行を登場させようと計画していたようで、レースのない日程を調べて、11月の東京ドームを押さえたそうです。しかし、分裂・解散騒動で各メンバーの足並みが揃わず、コンサートは白紙に。そこで、嵐のコンサートで穴埋めを行ったというわけです。グループ存続を誰よりも願うジャニー喜多川社長は、どうにかコンサートを開催してほしいと、来年の東京ドームの日程を押さえたという情報も耳にしましたが、そちらもどうなることやら……」(芸能プロ関係者)

 嵐は同時期にドームツアーを行っているだけに、まさにうってつけの代打といえそうだが、嵐ファンの間では「いつものツアー日程と全然違う」と疑問の声も上がっていた。

「同じ会場、それも東京ドームでの公演を別日程で2回、それぞれ3デイズというのは、嵐のツアーでは初めてのこと。ジャニーズでは会場の予約をする際には、2年先まで見据えてスケジュールを調整します。それにしても、さすがにSMAPの代打を嵐が務めるというのは初の事態ではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 SMAPの分裂・解散騒動ぼっ発後、スポーツ紙は、飯島氏の退社により、グループ間の“派閥”問題は解消されると報じていた。その結果、嵐が『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演するなど、これまでになかった共演が解禁されるといわれていたが、現状そうした気配は一切ない。

「相変わらずSMAPと嵐の共演はないし、いまだに藤島ジュリー景子副社長はドラマの相手役に、飯島氏のお気に入り女優は“共演NG”扱い。コンサートの代打をしたからといって、決してSMAPと嵐の共演という結果にはつながらないでしょう」(同)

 嵐ファンには吉報となる東京ドーム公演だが、SMAP側からすればグループ内の“再構築”がさらに遠のく結果に。SMAPファンが待ち望む5人そろっての音楽活動は、果たして実現されるのだろうか?

『27時間テレビ』の森君からの手紙、思い出しちゃったよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと