「マタニティマークとか汚らわしいんだよ!」電車内での出来事

 妊娠中であることを周囲に知らせるマタニティマークが、嫌がらせの対象となってしまうことについて、注意喚起や問題提起する記事が増えてきた。6月15日に配信されたwithnewsの『マタニティマークつけて優先席に座ったら…「ただのデブだろ」と言われて考えたこと』という記事では、東京西部を走る私鉄の車内で、マタニティマークをつけた妊娠7カ月の朝日新聞社会部記者が、優先席の隣に座っていた男性から暴言を吐かれたことが書かれている。平日23時頃の車内だったが、「お前ただのデブだろ。俺はだまされねーぞ」「偉そうにしやがって」等の暴言を投げつけてきた50代男性は酒に酔ったふうではなかったという。記者が最寄り駅で下車するまで、約10分にわたって男性は罵倒の言葉を吐き続けたそうだ。記者はトラブルを避けるべく、笑顔で沈黙していたという。

 こうしたことが、実際に、ある。奇しくもこの記事が配信された同日、Twitterで一人の女性アカウント(@gesuko1さん)が「今日お昼にこの記事読んで、マタニティーマークつけててもこんな目にあったことないなと思ってたらまさに帰宅の電車でひどい目にあった…」とつぶやいた。

隣の人が電車の壁をドン!て叩いて「ウザいんだよ」とか「マタニティマークとか汚らわしいんだよ!」とか、私が降りる準備したら「やっと降りるのか〜」とかデカイ声で言ったり…。今日夫の誕生日だったからケーキ買って帰ったんだけど、急いで避難した影響なのか、箱開けてみたらケーキ崩れてた…

— げすす (@gesuko1) 2016年6月15日

胎児がいなければ戦ったんだけど、殴られたりしたら困ると思い我慢した — げすす (@gesuko1) 2016年6月15日
家に帰るまで我慢したけど家着いて超泣いた

— げすす (@gesuko1) 2016年6月15日

地味で目立たずモソモソ生活してるのに、よりによって夫の誕生日にこんなこと起きるなんて最悪だと思ったんだけど、地味で目立たないからこそ「こいつ弱そうだから反撃してこないだろ」ってナメられて暴言吐かれるんだろうなぁ。 痴漢と同じ構造 — げすす (@gesuko1) 2016年6月15日
あと、地味で目立たない容姿のくせに妊娠してキモいとか思われてるんだろうな。汚らわしいとか何回も言ってたし。

— げすす (@gesuko1) 2016年6月15日

 ‏gesuko1さんにコンタクトをとり、詳細をきかせていただいた。

――嫌な思いを振り返っていただくようで恐縮なのですが、そのときの状況を少し詳しく教えていただけますか。

gesuko1「勤務先から帰宅する途中で、夜20時頃でした。満員ではないけれどそこそこ混雑している車内で、私が乗ったときに4人がけの優先席がひとつ空いていたので、そこに座ったんです。右隣に座っていた20~30代くらいの男性に私のカバンの紐部分が当たってしまい、その瞬間から突然、激怒されました。壁をドン!て叩いて『ウザいんだよ! マタニティマークとか汚らわしいんだよ!』と大きな声を出して」

――gesuko1さんは、そして周囲の乗客はどう反応したんですか。

gesuko1「私は『びびったら負けだ、負けてなるものか』という闘争心がわいたので、無視してその席に座り続けました。近くに立っていた人たちはサーッて避けるように立ち位置を変えて、その男性乗客の前にぽっかり空間があきました」

――それ以上の危害を加えられずに無事でよかったですが、とても怖かったですよね。席を移動するとかは?

gesuko1「一駅乗ったら、左隣の席が空いたので、私はそこに移りました。私とその怒鳴った男性のあいだは空席のままでした。さらに次の駅で左端の席が空いたので、そちらに避難しました」

――怒鳴った後は、その男性も落ち着いたんでしょうか。

gesuko1「いや、ずっとブツブツ『汚らわしい、汚らわしい……』とつぶやいていました。それと私が降りるときにこっちを見て『やっと降りるのか~』とまた大きな声を出してました。今思えばですが、私が乗ったときにその男性の隣の席が空いていたのも、何かブツブツつぶやいたりしていたかもしれません。要注意人物だったのかなと」

――ツイートでは「夫の誕生日なのに」とありましたが。

gesuko1「そうなんです、夫の誕生日なのでケーキを買っていて、ちょっと手荷物が多かったんです。それで隣の男性にカバンの紐が当たったというのもあるんですが。帰宅して箱をあけたらケーキがぐちゃぐちゃになっていて、また泣けました」

――マタニティマークは普段からつけているのですか。

gesuko1「今は妊娠6カ月ですが、初期の頃から電車などで移動するときはつけるようにしていました。突然具合が悪くなって倒れたりしたときに、マークをつけていないと救急の人が正しく対応できないじゃないですか。勤務先の会社の人たちには、上司以外は安定期まで妊娠を伝えていなかったので、会社につくときは外していました」

――妊娠発覚から現在まで、体調の悪さを感じる日はありましたか。

gesuko1「最近は少しマシになってきたんですが、つわりはひどかったです。体の中で大きな変化が起こっているんだなと実感しました。今のところ外出先で倒れるような事態はなくて順調ですが、妊娠後期はお腹が張って苦しくなったり、胎児のために安静にしなきゃいけないこともあると聞くので、気をつけていきたいと思います」

 最後に、gesuko1さんは「マークをつけていることで嫌がらせにあったのは今回が初めて。基本的には、見知らぬ人でも親切な態度で接してくれるので、妊婦さんは必要以上に萎縮しなくてもいいと思います。私自身、今後もマタニティマークをつけ続けたいと思います」と話した。出産までの期間、もうこのような嫌な思いをすることなく過ごしてもらいたい。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!