【連載】永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報2

舛添都知事の辞任どころじゃない国会議員たち 

masuzoe1_mini.jpg
舛添要一オフィシャルブログより

 国会議員秘書歴20年の神澤志万と申します。セクハラ、パワハラ当たり前! 映画もテレビドラマもかなわないリアルな国会とその周辺について、現役議員秘書が暴露します。

■「どケチ野郎」で「歩く種馬」として有名

 舛添要一東京都知事の「ケチ」ぶりが毎日報道されておりますが、みなさんはどう思われます? ほとほとあきれますよね。でも、神澤はじめ国会議員の秘書たちは、2年前(平成26年2月9日執行)の東京都知事選挙で舛添さんが200万票以上獲得して当選したことにあきれたものです。なぜなら、舛添氏なんて当時から、「どケチ野郎」としてはもちろん、「歩く種馬」と陰口をたたかれるくらい性欲旺盛なゲス野郎として、永田町ではとっても有名だったから。

 あの時は、ほかに細川護熙元総理が小泉純一郎元総理の全面支援で出馬していたし、共産党推薦の宇都宮健児弁護士もいたのに、なんで東京都民は舛添さんを選んじゃったんだろうね……とため息が出ました。

 舛添さんの疑惑は続々と出ているので、いつまでマスコミの追及が続くのかわからない状態です。読者のみなさんは、「舛添なんてソッコー辞職しろ!」と思っていらっしゃるでしょうが、実は永田町では「舛添、辞職すべし」なんて言っている人は、1人もいません。

 その一番の理由は、来る参議院選挙の準備で手いっぱいで、都知事選挙のことを考える余裕なんてないことだと思います。それに、都知事を辞職するほどの「不正」だとも思っていないこともあります。

■選挙はすべて「党の都合」

 舛添さんの都知事としての超高額な出張費、公用車の私的利用などは、とんでもないことですが、法的には恐らく大丈夫な話です。また、政治団体からの不要な美術品の購入、下着などの個人的な物の購入もおかしいことですが、これも法的にはグレーゾーンで「即違法」ということにはならないと思います。というのも、これらを「知事としての業務に、まったく無関係」とまでは証明しきれないからです。

 だから、永田町の人間は、「4年後には東京オリンピックがあるんだし、今さらトップ交代は不要でしょ」というスタンスなのですが、舛添さんの記者会見の対応はお粗末すぎました。「お騒がせした」ことへの謝罪はありましたが、ムダ遣いについては「専門家の判断に任せる」と言い張り、まったく「反省の色」が見えないのです。

 本来なら、単なるムダ遣い程度での辞職はありえないのですが、このままだと世間の批判とメディアの追及をかわしきれず、辞めざるを得なくなるのではないかと、神澤は感じています。

 それでも参院選に全力投球したい自民党は都知事選を避けるため、舛添さんにはもう少し耐えさせるでしょう。都知事選は、辞職してから50日以内に選挙を行わないといけないので、すぐに辞められたら、7月の参院選の前後あるいは同じ日が投開票日になってしまうのです。都民のことより、自分たちの準備の都合を優先してしまうのが永田町の人間なのです。嘆かわしいですね。

■衆議院解散で、秘書も議員と同時に無職に

 衆参ダブル選挙は行われない雰囲気になってきましたが、衆議院が解散されると、その日で衆議院議員全員が議員の身分を失います。そして、私たち秘書も同時に無職になります。議員が再選し、再雇用されると後払いで給与が支給されますが、落選してしまうとタダ働きになってしまいます。それもあるので、秘書も必死に選挙活動して、また国会に戻ってこようと努力するわけです。

 「秘書」といっても、いろいろな種類があります。税金からお給料が出される公設秘書(身分は国家公務員特別職です)、議員が自腹で雇う私設秘書と私設事務員、インターン(大学院生などのバイト)などですが、自分たちの今後のためにも、ボスである国会議員のためにも、選挙の時には死にもの狂いで走り回り、支援を訴えるのは、どの立場の秘書でも同じです。

 そして、選挙期間中は睡眠時間も少なく、疲労で思考が働かなくなるせいか、「男女の関係」になってしまう議員と秘書も多いみたいです(笑)。詳しくは、参院選が終わった7月にでも書いてみたいと思います。

毎度おさわがせします

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー