無邪気に可愛くエロい! 初心者女性でも取り入れやすい『責めグッズ』集

あけましておめでとうございます。
2015年は、自分のS心を封印し“受け身の愛され女子”を目指してみたものの、気が付けばイケメンを緊縛しているという全く逆方向の結果に……。
無理をしても結果は付いてこないことを身を持って学んだ1年でした(笑)。

というわけで……ワタクシ2016年は、ありのまま『責める女』で行こうと思います!
そこで、責め女予備軍のお仲間にもって恋(こい)の使ってみたいアイテムを集めてみました!

■ピンク アクリル縄
芙羽忍さんの『緊縛男子』(一迅社)に使われていてとても可愛いと思ったピンク縄。
エロくなりすぎず乙女っぽさをチラつかせながら、初心者でも責めの方向に持って行きやすそう。
その上、しっかりパートナーを縛れるという実用的なアイテムです。
忍さんいわく、「アクリル縄は麻縄と違い伸縮性があるので、キツく縛りすぎないように注意」とのこと。

■グローブ型手枷
後手縛りや手錠では指がフリーになっているので、主従関係のない相手だと指でイタズラをされてしまいます。
そんな時に役立つのが、このグローブ型の手枷!
手錠の役割を担いつつも指の自由も奪うので、簡単に、そして完全に手を拘束できるアイテムです。
「この手袋してみて♡」と無邪気なハニートラップにかけてみたい一品です。

■サスペンダーストッキング
ガーターベルトやガーターストッキングは慣れないと取り扱いにくかったかり、いざパートナーにお披露目した際にも見た目が刺激的すぎて「イメージと違う」などと引かれてしまう危険性があります。
しかし、このサスペンダーストッキングは連結部分もストッキング素材なので、扱いやすいことはもちろん、「少し変わったストッキングを履いてるな」という印象に留めることができるのです。
普通のストッキングを履いている……と見せかけて、スカートを捲り上げてみるとパンティが丸見え。

その光景に萌えない人は少ないはず!
そんなsexyな姿を、前出アイテムで拘束されて動けない相手に見せ付けて刺激する……とっても楽しそうです☆

2016年も興味のあるお店やイベントなどを見つけては潜入し、ちょっとアンダーグラウンドでエロティックな話題をお届けしていきたいと思います!

■谷川明日香/芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  6. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “消えたAKB48”河西智美は今
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ