朝勃ちからの“毎朝セックス”が苦痛…断る時に使いたい交換条件

◎同棲を始めてからというもの、毎朝セックスするハメに。断りたい時はどうすれば?

<可奈子さん>26歳/埼玉県/独身女性

 半年前から付き合っている3個上の彼氏と先月同棲を始めました。私にとって人生初の同棲です。

 しかし、彼の朝勃ちについて悩んでいます。彼は今のところ毎日朝勃ちしていて、毎朝「よし、今日も勃ってる!」などと私に報告してきて、流れでセックスしています。

 でも今はお互い仕事で朝から出かけるし、今後も毎日セックスのために朝早く起きるのが正直辛いです。

 ギクシャクしない拒み方などあれば教えてください。

---------------------------------------

 「時間さえ合えばいつでもセックスできる」のは、同棲の醍醐味(?)でもありますが、可奈子さんは連日の朝セックスが悩みの種になっていると……。確かに、出勤前のセックスが毎日となると体力的にツライものがありそうですね。

 先月から同棲したばかりとのことですから、おそらく彼はいつでもセックスできるという新鮮な状況が楽しい時期なのでしょう。でも安心してください。これがこの先ずーっと続くわけではないですから。いくら好きな人とのセックスでも、回数をこなしていくうちに飽きてくることもあります。体力も衰えます。

 私も以前、元彼と半同棲をしていたことがありますが、毎朝&毎晩セックスしていたのは最初の2カ月のみで、その後は週3、週1と頻度が落ちていきました。周りの同棲経験者からも「セックスの回数が徐々に減った」という話を、むしろ悩みとして聞くことがとても多いです(ただセックスの回数は愛情と全く関係ないことも多いので、一概に悪いことではないと思います)。

 なので可奈子さんにも、ほっとけばそのうち朝セックスはなくなるよー! と伝えたいのですが……。しかし、可奈子さんの彼が元々性欲の強いタイプで、なおかつセックスに飽きるなんて考えられない! というタフ・ボーイであるかもしれませんし。ここから先は、彼が一般論の通じない朝勃ち魔人であると仮定して、どうしたら良いのか、地味でも現実的な対処法を考えてみましょう。

 私の場合ですが、どうしても性欲よりも眠気が勝ち、朝セックスがしたくなかった時はひたすら寝たフリを決め込んでいました。加えて毛布で自分の体を包むようにして、相手が体に触れられないようにします。「私はいま、眠りの世界から出られません」アピールです。フリとはいえ、こちらが眠っているのが相手に伝われば、物理的にセックスはできませんよね。彼が諦めざるを得ない状況を作りましょう。

 それでも相手がしつこい場合は、「夜、帰ってきたらしよう!」と、朝セックスをお休みする代わりにその日の夜セックスを約束してなだめます。「夜」ではなく「明日」や「休みの日」でもいいと思います。完全拒否ではなく、交換条件を出す形なので、相手が傷つく可能性は低いんじゃないでしょうか。

 同棲中に限らず、自分と相手の“セックスのタイミング”が合わないことは、お互いにストレスになります。なのでお互いが同じように「したい」と思った時にするのが一番いいのでしょうが、実際のところ、それぞれの「したい」の盛り上がりが完全一致することなんてそう多くはないのも事実です。だからといって、したい方に常に合わせる、またはしたくない方の意思ばかり優先するというのも違うと思います。

 難しいところですが、自分と相手の希望が半々に叶えられているという状況を保つのがいいかもしれません。誰でも、自分ばかりが我慢していると感じると苦痛になりますが、それを相手がくみ取ってくれているとわかれば、多少の我慢が苦ではなくなったりします。可奈子さんも、セックスを断った or 先延ばしにしたら、その後は自分から彼をセックスに誘うなどのちょっとした思いやりを忘れず、楽しい同棲生活を送って下さい!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー