朝勃ちからの“毎朝セックス”が苦痛…断る時に使いたい交換条件

◎同棲を始めてからというもの、毎朝セックスするハメに。断りたい時はどうすれば?

<可奈子さん>26歳/埼玉県/独身女性

 半年前から付き合っている3個上の彼氏と先月同棲を始めました。私にとって人生初の同棲です。

 しかし、彼の朝勃ちについて悩んでいます。彼は今のところ毎日朝勃ちしていて、毎朝「よし、今日も勃ってる!」などと私に報告してきて、流れでセックスしています。

 でも今はお互い仕事で朝から出かけるし、今後も毎日セックスのために朝早く起きるのが正直辛いです。

 ギクシャクしない拒み方などあれば教えてください。

---------------------------------------

 「時間さえ合えばいつでもセックスできる」のは、同棲の醍醐味(?)でもありますが、可奈子さんは連日の朝セックスが悩みの種になっていると……。確かに、出勤前のセックスが毎日となると体力的にツライものがありそうですね。

 先月から同棲したばかりとのことですから、おそらく彼はいつでもセックスできるという新鮮な状況が楽しい時期なのでしょう。でも安心してください。これがこの先ずーっと続くわけではないですから。いくら好きな人とのセックスでも、回数をこなしていくうちに飽きてくることもあります。体力も衰えます。

 私も以前、元彼と半同棲をしていたことがありますが、毎朝&毎晩セックスしていたのは最初の2カ月のみで、その後は週3、週1と頻度が落ちていきました。周りの同棲経験者からも「セックスの回数が徐々に減った」という話を、むしろ悩みとして聞くことがとても多いです(ただセックスの回数は愛情と全く関係ないことも多いので、一概に悪いことではないと思います)。

 なので可奈子さんにも、ほっとけばそのうち朝セックスはなくなるよー! と伝えたいのですが……。しかし、可奈子さんの彼が元々性欲の強いタイプで、なおかつセックスに飽きるなんて考えられない! というタフ・ボーイであるかもしれませんし。ここから先は、彼が一般論の通じない朝勃ち魔人であると仮定して、どうしたら良いのか、地味でも現実的な対処法を考えてみましょう。

 私の場合ですが、どうしても性欲よりも眠気が勝ち、朝セックスがしたくなかった時はひたすら寝たフリを決め込んでいました。加えて毛布で自分の体を包むようにして、相手が体に触れられないようにします。「私はいま、眠りの世界から出られません」アピールです。フリとはいえ、こちらが眠っているのが相手に伝われば、物理的にセックスはできませんよね。彼が諦めざるを得ない状況を作りましょう。

 それでも相手がしつこい場合は、「夜、帰ってきたらしよう!」と、朝セックスをお休みする代わりにその日の夜セックスを約束してなだめます。「夜」ではなく「明日」や「休みの日」でもいいと思います。完全拒否ではなく、交換条件を出す形なので、相手が傷つく可能性は低いんじゃないでしょうか。

 同棲中に限らず、自分と相手の“セックスのタイミング”が合わないことは、お互いにストレスになります。なのでお互いが同じように「したい」と思った時にするのが一番いいのでしょうが、実際のところ、それぞれの「したい」の盛り上がりが完全一致することなんてそう多くはないのも事実です。だからといって、したい方に常に合わせる、またはしたくない方の意思ばかり優先するというのも違うと思います。

 難しいところですが、自分と相手の希望が半々に叶えられているという状況を保つのがいいかもしれません。誰でも、自分ばかりが我慢していると感じると苦痛になりますが、それを相手がくみ取ってくれているとわかれば、多少の我慢が苦ではなくなったりします。可奈子さんも、セックスを断った or 先延ばしにしたら、その後は自分から彼をセックスに誘うなどのちょっとした思いやりを忘れず、楽しい同棲生活を送って下さい!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

朝勃ちからの“毎朝セックス”が苦痛…断る時に使いたい交換条件のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  5. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  6. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  7. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  8. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  9. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  10. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  11. “ふっくらもち肌”は1分間だけ、イソフラボン配合の「なめらか本舗」【本当はヤバい洗顔料】
  12. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!
  13. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  14. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  15. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  16. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  17. 塀の中でもクスリの乱用はアリ?
  18. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  19. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  20. 叩かれた“主婦タレントの手料理”

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  4. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  5. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  5. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参