【messy調査】7割がアンダーヘアを処理、そのうち4割はハイジニーナ

「【messy調査】アンダーヘアの処理していますか?」の結果を発表いたします! 前回の「【messy調査】おっぱいを揉まれるのって、本当に気持ちいいですか?」に引き続き、多くの回答をお寄せいただきました。有効回答数は180でした(女性回答者のみ)。

 先月から始まった牧村朝子さんの連載「まんこカスタマイズAtoZ」、初回はアンダーヘアにまつわるあれこれについてのコラムをお書きいただきました。その記事についたアンダーヘア処理についての様々なコメントを読み、「実際、どれだけの人がアンダーヘアの処理をしているのだろう?」という疑問を持ったことから、この調査を実施することにいたしました。

◎している人が7割

 グラフの通り、messy女性読者の約7割が「アンダーヘアの処理をしている(している・したくないけど、している)」と回答しています。多くの方が何らかの形でアンダーヘアを処理されているようですね。

 今回、「したいけど、していない」という回答の中に、「温泉などでの目が気になる」「夫が、そんなことしなくても、おまえは薄いから大丈夫と怒りだした」などの意見が寄せられました。他人の目が気になる人は少なくないようです。でも今回の調査結果の通り、7割もの方がアンダーヘアの処理をされています。ぜひ気にせず、自分のやりたいようにアンダーヘアをいじって下さいね。

 また「したいけれど、していない」と答えられている方から寄せられた意見には、

「処理の仕方やどのような方法が良いか分からない」
「やり方がわからない」
「どうしたらいいかわからない」

 など「処理の方法がわからない」といった回答も多く見受けられました。そこでまずは、アンダーヘアの処理をしている方が、どのような方法を取られているのかをご紹介しましょう。

◎処理の方法TOP3

一位:ブラジリアンワックス 23
二位:剃刀(シェーバー含む) 22
    脱毛(サロン) 22
三位:脱毛 20

 一位はブラジリアンワックス。ブラジリアンワックス以外のワックス除毛で処理をされている方も多くいらっしゃいました。

 ブラジリアンワックスは、とろりとした液体を脱毛したい部位に塗り、数秒ほど待ちます。するとワックスが固まるので、そこにシートを貼り付け、一気に「ベリッ!」と剥がす……という方法です。除毛クリームのように毛を溶かして脱毛するわけではないので当然痛い。ガムテープを貼って、一気に剥がすのと同じです。その上、デリケートな部位なので恐怖心もあるかと思います。回答者の中にも「昔はブラジリアンワックスを使っていたけど、痛いから剃刀で剃るようになった」とお答えの方もいらっしゃいました。それでもブラジリアンワックスが人気なのは、その手軽さがゆえなのでしょうか。またサロンでもブラジリアンワックスを使った処理をしているので、プロの技術で痛みが軽減されるということもあるのかもしれません。

 二位、三位の「脱毛」については、「サロンやエステ、美容外科で脱毛している」といった回答を「脱毛(サロン)」に、特に付記のないもの、「脱毛ライトなどの脱毛機器を自宅で使っている」といった回答を「脱毛」としています。そのため「エステなどに通って脱毛している」方は実際にはもう少し多くなるかと思われます。

 一位、二位、三位とほぼ同数でしたから、ブラジリアンワックスでの処理が最もポピュラーというよりは、それぞれの都合に合わせて処理の方法を決めているのだろうという印象です。時間やお金に余裕のある方や、ブラジリアンワックスの痛みに耐えられない方がサロンに通っていたり、あるいは自宅でもできる手ごろなブラジリアンワックスのほうが、日々延びてくるアンダーヘアを処理しやすいと考える方もいるのだろうと思います。

 ちなみに、TOP3以外の方法としては、その他「毛抜き」「ハサミ」「レーザー」「除毛クリーム」「ヒートカッター」などがあげられていました。

◎なんで処理する/しない?

 アンダーヘアを処理する理由としてあげられているのは、

「毛量が多く長いため、放置しておくと割れ目に挟まって不快」
「処理をしたほうが、すっきりするし、生理のときのわずらわしさがなくなる」
「セックス、生理の時楽だから」
「夏は処理したほうが、蒸れることなくすっきりする」
「イギリス人にアンダーヘアを見られた際、『ブラック!』と驚愕され、『毛があるから舐めたくない』と言われた」
「毛深すぎて下着からはみでる。毛深いとむれてかゆくなる。毛深いとパートナーが嫌がりそうだし恥ずかしい」
「白髪が増えてきた。いかにも歳をとってるみたいだし、見るたびにもう女じゃなくなってしまうような気がするので全部ツルツルにすることにした」
「主人だと気にしないのですが、浮気相手がいるので、会う前には必ず処理する」
「蒸れる。それよりも部屋で落ちてる毛を見るのが嫌だったからかも」

 一方で、「処理をしない理由」は、「やり方がわからない」以外にも様々あり、

「下着をつけた時痛い」
「剃ってもまた生えてくるだろうから」
「恥ずかしいから」
「理想は常に整えて準備万端の状態にしておくことなんですけど、(相手もいないし)またすぐに伸びてくるのでついつい不精になってしまいます」
「前側は綺麗な形をしている。しかし、中側やお尻側は自分でするとチクチクするし、人に頼んだりエステに行くのもお金も掛かるし、第一見せる人が旦那だけじゃぁねぇ。不倫する気も無いし」
「以前、自己処理したら、その後伸びて来た時のチクチクムズムズ感に耐えられず、そんなだったらボーボーの方がマシって感じです。どっちみちいつもチクチクしていて、ヘアが無ければ快適なんだろうなぁと思うし、永久脱毛したいけど見られる事に抵抗あってできません」

 などでした。

 蒸れる、はみ出る、かゆくなるなど、不快感を理由に処理をされている方もいれば、処理をしたあとの生え始めのチクチク感に不快感を覚える方もいらっしゃるようです。なお、後者については、「処理をした後、ちくちくするから永久脱毛を始めた」という意見もありました。永久脱毛という選択肢も、ありかもしれません。

◎意外? ハイジニーナ(パイパン)の人、多数。

 今回の調査の中で意外(?)だったのは、ハイジニーナ(パイパン)にされている方が30名もいたことです。アンダーヘアを処理している方は、132名いたので、およそ4割の方がハイジニーナという計算になります。ハイジニーナにされている方から寄せられた意見を羅列すると……

「初めは銭湯や温泉でぱっと見では処理しているとわからないよう前からみえる部分のみ残していましたが、最近思い切って全て無くしたら、気持ちもすっきりしました」
「初めは面積の少ない下着からはみ出るのが嫌で、出る可能性のある部分のみ処理していましたが、AVを見ていて毛があるよりない方が私好みだと思い無くすことにしました」
「生理の時に楽だし臭いも気にならない。洗いやすい。永久脱毛後に知り合った今のパートナーには最初驚かれたけど喜ばれている」
「陰毛は邪魔なだけ」
「1度パイパンにすると生理もSEXも快適で、なんで今までしなかったんだろう? って思います。そろそろ本腰入れてハイジニーナ脱毛するか検討中です。あそこの毛って、銭湯や温泉でワレメを隠す以外の目的はないと思いました」
「初めてワックスして約5年位です。爽快感と清潔感、自分で触ったときの柔らかさはたまりません。Tバックでハミ毛しないのもいいです。白髪になる前にレーザーや針で本格的に無くしたいですが、とっても痛そうなのでためらっています。銭湯や温泉も気になりませんし、仲の良い友人も知っています。ただやはり偏見があるので、同僚とか親しくない友人に軽く言える感じではないですね。一度引かれた事がありその時『そんなに軽く言っていいことじゃないんだ』と認識しました」
「パイパンが一番楽で好きです。下着も選ばないし、洗いやすいし。永久脱毛したいです」
「アメリカに住んでいる友達が、以前からそういうのは当たり前だと言っていたがなかなか踏ん切りがつかなかった。いざし始めるとすごく楽」

 と、快適さを覚えている方がほとんど。そして4割もの方がハイジニーナであるならば、「他人の目」もそんなに気にしなくていいのではないでしょうか? 単純に考えれば、10名が温泉に行ったらそのうち4名はハイジニーナだということですよね? 確率的にはもっと低いかもしれませんが、遭遇する可能性は決して低くない。もちろん温泉に入って、まじまじと「あの人、毛があるかな?」と眺めるのはよろしくないとは思いますが、実は意外とハイジニーナの方がいるかもしれませんよ。

 今回の調査は、回答者や回答者の周りにいる方々の陰毛観、陰毛処理観を露わにしたように思います。望んで処理をしている人はそのままに、望んでいるのに処理できずにいる人は思い切って、処理したくない人はしなくていいのですし、自分の好きなように、自分のアンダーヘアのあり方を決めてください。以上、messy調査でした!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!