[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

ジャニーズ派閥問題が前進!? 『FNSうたの夏まつり』、SMAP&嵐の共演にファンは……

marchingj02.jpg
SMAPや嵐の番組にそれぞれが出るようになりますように!

 ジャニーズからSMAPや嵐など数組のグループが出演した『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)が、7月29日に放送された。今回はSMAPサイドと藤島ジュリー景子副社長が擁する嵐・関ジャニ∞らの共演が注目されていたが、エンディングでは“派閥”の垣根を超えて一堂に会するシーンもあり、ファンから歓喜の声が続出している。

 2011~14年の『FNSうたの夏まつり』では、SMAP・草なぎ剛が司会を務めていたこともあり、チーフマネジャー・飯島三智氏が手がけるSMAPとKis‐My‐Ft2が出演してきたが、今夏は嵐ら“ジュリー派”が初参戦。今や、SMAPと嵐が同じステージに登場するのは年末の音楽特番など限られた機会のみで、SMAPはもちろんKis‐My‐Ft2と関ジャニ∞、TOKIO、V6、Hey!Say!JUMPとの絡みも、近年はあまり見られない光景だ。

「この共演の裏には、草なぎから『水曜歌謡祭』(同)のアンジャッシュ・渡部建と森高千里に番組のMCが交代したことが関係しているとみられています。放送のエンディングでは、嵐とSMAPが司会の2人を挟むように両サイドに立ち、キスマイは嵐の近くに、JUMPはSMAPのやや後方と、両派閥が入り乱れて並んでいました。ファンからは『エンディング、派閥を越えた並びで感動』『立ち位置だけは派閥の壁越えてた』と、興奮気味の書き込みも多く上がっています」(ジャニーズに詳しい記者)

 ジャニーズの派閥問題が“一歩前進”したようにも感じられるが、実際には番組内でもしっかりとした派閥による区分けが見られたという。

「V6の20周年をお祝いする場面でステージに上がったのはTOKIOと嵐で、V6メンバーとの思い出などを振り返ってトークしていました。しかし、このシーンが『露骨な派閥分け』だとショックを受けた人もいたようで、『今日出てるジャニーズ全員でお祝いすれば良かったのに』『SMAPにもV6のお祝いさせて』という声も。会場に入ったファンのレポートで、ジュリー氏から番組へ花が贈られていたことも、判明し、これにも『ジュリーがFNSで幅を利かせてる』『ジュリーが番組を乗っ取った』と揶揄する声も上がりました」(同)

 一方、昨年の同番組ではオープニングから「SHAKE」で会場を盛り上げ、合間にスガシカオとのコラボレーションで「夜空ノムコウ」、大トリで「Top Of The World」を披露するなど、見せ場も多かったSMAPだが、今年は中盤に「BANG! BANG! バカンス!」とトリで「華麗なる逆襲」の披露に終わった。例年よりも露出が減ったことに違和感を抱いたSMAPファンからは、「出番少なすぎ」「2曲だけでコラボもナシ……やっぱり、つよぽん司会じゃないからか」と、不満の声が漏れる事態となってしまった。

 とはいえ、放送前にはファンから「嵐だけ収録の可能性もありそう」などと、派閥越えは厳しいと思われていた中での、今回の共演。番組観覧に参加したファンのレポートによれば、最後の歌が終わった後、嵐・櫻井翔がSMAPの元へ挨拶に向かったり、Kis‐My‐Ft2・北山宏光がSMAPの演出で使われたお札を嵐・相葉雅紀に見せて談笑する場面も見られたとか。ジャニーズタレントにとっても、先輩・後輩と触れ合える仕事はうれしいはずだけに、今後の共演の機会にも期待したい。

ファンが一番派閥意識強いみたいね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク