[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

山下智久『アルジャーノンに花束を』最終回目前も7.8%! 次の仕事は“飯島派閥”ドラマ

algernon2015.jpg
『アルジャーノンに花束を』(TBS系)公式サイトより

 山下智久が主演を務めるドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)が6月5日に第9話を迎え、視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)だったことがわかった。最終回の1話前という重要な局面だったが、前週の7.8%と変わらず、視聴率上昇はかなわなかった。

 同作は、脳外科手術で天才的な頭脳を手に入れた知的障がい者の主人公・白鳥咲人の葛藤や苦悩の日々を描いた物語。9話では、科学者・蜂須賀大吾(石丸幹二)が開発した薬「ALG」を投与された被験体のネズミ・アルジャーノンが死去。同じくALGの副作用で自分の身にも危険が及ぶ中、咲人は「誰かを救うためにこの知能を使わなければ、私とアルジャーノンの存在は無意味になってしまう」と、難病におかされている友達・河口梨央(谷村美月)のために時間を使うことを選択したのだった。

 1959年にダニエル・キイス氏が発表し、2002年にフジテレビ系でユースケ・サンタマリア主演の連続ドラマが放送された同作は、「不朽の名作」として名高い作品。野島伸司氏が脚本監修し、現代版にアレンジした今回は、初回視聴率11.5%を獲得後、2話7.9%、3話8.8%と低迷。5話で10.8%にアップしたものの、それ以後2ケタ台は出せていない。

「5月29日放送の前週は、裏で映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(日本テレビ系)が放送され、15.5%を記録。その前の22日も『ハリー・ポッターと賢者の石』(同)が13.9%と高視聴率を獲得しており、『アルジャーノンに花束を』は6.7%と大敗していました」(芸能ライター)

 昨年秋に“六本木スマホ強奪事件”を起こした山下にとって、およそ半年ぶりの大仕事となった今回のドラマ。年末は『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)や『ジャニーズカウントダウンコンサート』からも姿を消すなど露出が減っていたため、『アルジャーノンに花束を』後のスケジュールも注目されていたが、7月1日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)4時間スペシャル内のSPドラマ『心の科学者・成海朔の挑戦II(仮)』で主演を務めることが決定した。

「同作は、昨年10月に山下主演で『なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか?~心の科学者・成海朔の挑戦~』とのタイトルで2時間にわたって放送されたドラマの続編。前回の視聴率は10.1%と振るわず、13.3%を獲得した裏番組『ホンマでっか!?TV』SP(フジテレビ系)に敗北していましたが、今回は視聴率が好調な『仰天ニュース』内で放送されるため、そこまで数字を気にする心配はなさそうです。また、今回は山本美月、夏菜、田中圭とKis‐My‐Ft2・二階堂高嗣の出演がすでに発表されています。SMAP・中居正広が司会を務める番組であることや、SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏がマネジメントを手がけるキスマイも共演するため、当面は変わらず飯島管轄で仕事をしていくことになるのでしょうね」(ジャニーズに詳しい記者)

 いよいよ12日の10話で最終回となる『アルジャーノンに花束を』。裏には『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(日本テレビ系)が控える中、2ケタに回復し、有終の美を飾ることができるだろうか?

ハリー・ポッターと戦うアイドルってなんてファンタジー

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク