嵐・櫻井翔はどんな音楽的挑戦をしてきた? ラップ詞で決意表明もしたソロ曲を振り返る

20140111-sakurai.jpg
キャスターや役者としても活躍する櫻井翔。

【リアルサウンドより】

 2015年2月25日に発売になった新曲「Sakura」も好評な嵐。和的な世界観と、スマートなダンスで新たな嵐の魅力を伝えてくれる一曲に仕上がっている。これまでも嵐は最先端のサウンドを取り入れつつも、親しみやすい楽曲で勝負してきたグループであるが、その大きな要素となっているのが櫻井翔の音楽性。前週の二宮和也に続き、ジャニーズグループの中で初めて本格的にラップを取り入れ、自らリリック(Rap詞)も手がける櫻井翔のソロ曲について振り返ってみよう。

参考1:嵐・相葉雅紀はどんな音楽的挑戦をしてきた? バリエーション豊かなソロ曲を振り返る
参考2:【嵐・大野智はどんな音楽的挑戦をしてきた? 歌唱力を活かしたソロ曲を振り返る】
参考3:【嵐・二宮和也はどんな音楽的挑戦をしてきた? 作詞・作曲も手がけたソロ曲を振り返る】

 嵐のアルバムにメンバーのソロナンバーが収録されるようになったのは、2005年リリースの『One』が初。そこで櫻井翔のソロ楽曲として収録されたのが「夢でいいから」である。ミディアムテンポのメロウな楽曲で、Aメロは堅実に韻を踏んでいく櫻井らしいラップだが、Bメロ〜サビは、今よりちょっと若くて甘い櫻井の歌声が楽しめる。のちに櫻井のソロ曲のひとつの柱となる、アーバンソウル的スタイルのスタートである。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  3. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  4. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  7. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  8. “○○が面倒くさい”芸能人
  9. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  10. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  11. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  12. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  15. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  16. 清水富美加に教えたかったこと
  17. 「親の弱さを知る」意味
  18. 男性保育士問題へのリアルな本音
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. T-ara、日本公演が「空席祭り」危機

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!