嵐・櫻井翔にSexy Zone・菊池風磨は何を学ぶ? 優等生とヤンチャキャラをつなぐもの

20140406-fumatan.jpg
若手の“ヤンチャ系”代表格とも言える菊池風磨。

【リアルサウンドより】

 嵐の櫻井翔とSexy Zoneの菊池風磨が、1月23日に発売されたアイドル誌『明星』で「初公開!似たもの兄弟トーク」と題した対談を行い、ファンの間で話題となっている。

 父である菊池常利が、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」の作詞を手がけたこともあり、かねてより櫻井に憧れを抱いていたという菊池は、同誌でも「翔くんの言葉はいつも胸に響いています。特に仕事の時にかけてくださる言葉は印象に残ることが多くて」と語っている。菊池は現在、慶應義塾大学に在学しているが、それも同大学を卒業した櫻井への憧れがあったからだという。

 しかし、同じ大学などの共通点はあるものの、櫻井がどちらかというと優等生タイプなのに対し、菊池はヤンチャな兄貴分キャラで知られており、タレントとしては方向性が異なるように感じるファンも少なくないだろう。なぜ菊池は櫻井をロールモデルとしているのか。その理由を、ジャニーズの動向に詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏は、次のように見る。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク