[ジャニーズツッコミ道場]

良くも悪くも“ただ爽やか”Hey!Say!JUMP・中島裕翔が継承すべき、ジャニーズ未踏の“路線”

yuto01.jpg
丸大ハムのCMで風物詩になる裕翔、推せるわね

 今回ツッコませていただくのは、杏と長谷川博己主演の月9『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)に出演しているHey!Say!JUMP・中島裕翔に見えてきた新たな道。

 2013年は『シェアハウスの恋人』(日本テレビ系)『半沢直樹』(TBS系)『東京バンドワゴン~下町大家族物語』(同/ゲスト出演)、14年は『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)から深夜ドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ系)主演と、2年間で多数のドラマに出まくっている。

 また、V6・岡田准一とともに出演中の日本生命保険相互会社CM「みらいのカタチ20’s」や、AOKIのCM出演も確定と言われており、加えてNEWS・加藤シゲアキの処女小説『ピンクとグレー』(KADOKAWA)映画化で主演を務めることが報じられたばかり。いま、若手ジャニーズでは最もメディアの露出が多く、一部では「かつての剛力(彩芽)並みのゴリ押し」と揶揄する声もあるほどだ。

 実は露出の多さに比べて、グループ内ではいまも4番手か5番手の人気と言われ、熱烈なファンがつきにくい点は否めない。また、数々のドラマに出ながら、印象は強くないために、「空気」といわれることもある。だが、確実に言えるのは、いずれの仕事も、中島裕翔にピタリとハマっているということだ。『半沢直樹』の中西も似合っていたし、生命保険のサラリーマンも似合うし、『デート』で変人同士(杏&長谷川博己)の間に割って入って、いちいち正論を言う好青年も似合っている。確かに仕事は集中しており、事務所が猛プッシュしているのは事実だろうが、無理のあるキャスティングは1つもないのだから、「ゴリ押し」とはちょっとわけが違う。

 かといって、山田涼介、知念侑李、有岡大貴という小柄&キュートなメンバーが人気を牽引してきたグループに、長身さスマートさを生かして新たなファン層を引き込んだり、グループ人気の底上げに貢献したりしているかといわれると、正直微妙でもある。

 だが、中島裕翔の存在は、個人やグループ人気の上昇云々よりも、ジャニーズという会社内で立ち上げた、小さいながらも新しい出張所・支店の地位を担っているのではないだろうか。

裕翔のおもしろさも早く世間にみつかってほしい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー