いまV6を聴かなくてどうする――デビュー20周年を前にした音楽的充実期

v6miyakeken02.jpg
NHKで手話の番組を始めた三宅健。

【リアルサウンドより】

 V6の活躍がめざましい。岡田准一は、大河をはじめドラマや映画に引っ張りだこだし、坂本昌行と森田剛は舞台役者としての評価が高い。井ノ原快彦はNHKの朝の顔で、三宅健もNHKで手話の番組を始めた。長野博はグルメリポーターとしての存在感が抜群である。

 V6に限らず言えることだが、アイドルを長くやっていれば当然いつまでもデビュー当時のままではいられない。しだいに若いときには出せない味を求められるだろう。逆に言えば、そのような味を見つけたアイドルは、今後も新しい魅力を見せてくれるだろうと期待できる。V6は、メンバーがそれぞれ、まさにそのような次なる段階に入っている感じがする。だから、見ているのが楽しい。

 ジャニーズのグループのデビュー曲を振り返ると、その時代の空気のようなものが伝わってくる。古くは、中村八大のコーラス曲でデビューした初代ジャニーズやGSを模したフォーリーブス。比較的新しいところでは、ラップを取り入れた嵐「A・RA・SHI」。忍者のサウンドがジャネット・ジャクソン『Rhythm Nation』のようだったのも、その時代の空気と言えばそうか。そういう点からすると、V6のデビューはなによりユーロビートの時代を映し出している。V6のデビューは1995年だが、この時期は、小室哲哉によって切りひらかれた国産ダンス・ミュージックを土台にしてユーロビートが展開していく時期である。同時期、V6と同じavexではMAXがデビューしており、直前には安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S「TRY ME~私を信じて~」のヒットがある。デビュー会見がヴェルファーレでおこなわれたのも、特筆すべきことだろう。加えて言えば、V6が「ワールドカップ・バレー」のイメージキャラクターとして登場したこともジャニーズ史的に重要である。V6の登場は、現在まで続くジャニーズとバレーボールの浅からぬ関係の嚆矢となっている。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  3. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  4. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  5. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  6. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  7. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  8. 「レプロは偉い」と担ぐ芸能ムラの人々
  9. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  10. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  11. 清水富美加、不倫報道はレプロリーク!?
  12. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  13. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  14. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  15. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  16. Jr.森田、妊娠中絶・飲酒報道
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  19. 男性保育士問題へのリアルな本音
  20. 芦田愛菜が合格した名門私立は?

ジャニーズの人気記事

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  3. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  4. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  5. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと