現実でプレイするのは危険すぎっ! 女のビッチ願望を満たすHなTL2作品

 アイドルブームから始まったいわゆる“清純派ブーム”も一段落した感のある今日この頃。いくら肉食系女子をメディアがもてはやしても、女に処女性をやたらと求める男性は相変わらず多いということがよくわかったブームでしたね。しかし、見た目はさておき心は奔放でいたいもの。ならば、妄想でそれをかなえちゃいましょう。ということで、今回ご紹介する2作品は、いずれも性に奔放、いわゆるビッチな女の子が主人公の作品です。

「ピンクの契約書♂にサインします!」

pinkunokeiyakusyo.jpg


 就活が連続連敗中のももかは、ある日突然大手企業から内定の通知をもらいます、喜び勇んで出社すると、待っていたのはイケメン専務。体を触られまくり、下にまで手を伸ばされたところでなんとか脱出……。ももかは突然のセクハラに怒りますが、それもそのはず。なんとももかが就職したのは、男性社員に奉仕するために存在するセクハラ課。一目惚れしたイケメン課長には体を管理されちゃうし、毎日違うエリート社員に性のサービスのために派遣されることになってしまうのですが……。

 いわゆる“あり得な設定”なのですが、さまざまな男性社員を体と心でたぶらかし、本命のイケメン課長までたらしこんでいくももかにはあっぱれの一言。しかも、ももかも徐々にこのシチュエーションを楽しみ、こなれ感まで出てくるのですから、ここまで行くとこのビッチスキルは羨ましい限り! もうなんだかビッチの教科書のような作品です。そしてM系女子のみなさんには、イケメンでドSな課長のキャラはたまらないはず。

「彼のベッドで弟と…。 ふしだらな同棲+1」

karenobedode.jpg

 小春は彼氏の賢太郎と同棲中。しかし、賢太郎は「疲れてて……」と最近ずっとセックスを拒み続けてきます。そんな賢太郎に、もう性的な意味でも我慢の限界の小春。そんな時、賢太郎の弟・悠真が大学進学のため2人の家に同居することに。欲求不満で1人エッチをしていた小春は、なんとその姿を悠真に見られてしまい、悠真に「オレが満足させてやるよ」とたびたび迫られるようになるのですが……。

 最初は淑女系キャラだった主人公が、悠真の登場とともにとんだビッチになっていくのが見どころです。最終的には余裕で3Pまでこなしてしまう主人公の成長ぶりにはびっくり。ただただ慕ってくれて、なんでもしてくれて、しかもちょっとSな悠真にはきゅんきゅんする女子も多いはず!

 「彼のベッドで弟と…。 ふしだらな同棲+1」と、「ピンクの契約書♂にサインします!」は、ただいまコミックシーモアで配信中。日頃出せないあなたのビッチ素質を、主人公に重ねてみませんか? でも現実世界でそんなビッチプレイをするときは、くれぐれもよく考えてからにしてくださいね!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー