[ジャニーズ最新言行録]

ジャニーズ事務所が「総力を駆使して」ひた隠す、V6・岡田准一の“真実”とは? 

okadajyunichi09.jpg
中身は少年オカダのまま……

 ドラマや映画出演が相次ぎ、現在は大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK)で主演を務めるなど俳優としてジャニーズ内外から評価されているV6・岡田准一。一見、クールで物静かな性格に見られがちだが、実はしゃべると不思議系のキャラクターであることは、あまり知られていない。同じくV6の三宅健がパーソナリティを務める『三宅健のラヂオ』(bayfm、4月21日放送)では、そんな岡田の天然ぶりを危惧するリスナーからのお便りが紹介された。

 番組の冒頭、「このメールを読むことが、今後の彼の全てを左右してしまうんじゃないかという心配と、期待を込めて、私はこのメールを読みたいと思います」と前置きした三宅。なんでもそのリスナーいわく、岡田は「真摯(しんし)」という言葉を「しんげき」と読んでいるほか、黒柳徹子への寄せ書きに「お体き『お』つけてくださいね」と、“を”と“お”を間違えて書いていたとのこと。

 お便りの最後には「脱力するほど笑ってしまいましたが、これは天然では済まされません(笑)『ちょこちょこ日本語を間違えているよ』ということを、岡田君にぜひ今度お会いした時にでも教えてあげてください」というお願いが記されていた。リスナーの切実さが伝わるメールを読み上げた三宅は、

「君は、ついに見つけてしまったんだね。今までジャニーズ事務所がひた隠しにしてきた、岡田准一の真実を見つけてしまったんだね! マズいよ、これもう、事務所が総力を駆使してひた隠しにしてることなんだからさ。岡田のこういうちょっと“オトボケ”なところ」

と、事務所の裏事情まで暴露した三宅。続けて、

「僕はそれ(オトボケ)はとても可愛らしいとは思いますけど。あんなどう見たってさ、360度どこをとったってカッコいい男の子がだよ? 見た目だって“彫刻削り節男子”みたいな感じなワケじゃん。そんな彼がこういったミスを犯すっていう事がさ、チャーミングじゃない。捉え方だからね、これ」

 さらに、岡田は字も汚くて小学校低学年のような字を書くそうで、「いや、でもそこも含めて可愛さだと。(中略)33(歳)のおっさんなんだけど、そういうところ間違っちゃうって、ちょっと可愛いじゃん。ね?」と、そんな天然の末っ子が可愛くて仕方がない様子の三宅。最終的には「格闘技オタク」と公言している岡田だけに「頭の中でずっと格闘技のことしか考えてないところあるから、だから真摯を“しんげき”と読み間違えたんじゃないかな? 違うか(笑)」と、フォローする三宅だった。

 来年でCDデビュー20周年を迎えるV6。三宅は勝手に「20周年から岡田変わります!」「今までの岡田じゃなくなります。卒業します!」と宣言していたが、岡田が本当に生まれ変わる日が来るのだろうか? ファンとしては、ひた隠されてきた“オトボケ”なところもどんどん見せてほしいのだが……。

博が漢字ドリル買ってくれるよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに