[Jr.証券取引所]

アイドルには見えないが人望は抜群! 桐山照史、デビュー目前の今が買い時!

巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所に所属するJr.たちは、デビューを目指して日夜鍛錬を続けている。しかし、彼らを応援するファンは常に不安と背中合わせ。「この子は売れる? 次の現場はどこ? もしかして退所!?」――そんなスリルと楽しく共存できるよう、将来有望な銘柄を「Jr.証券取引所」がご案内。

terushi_.jpg
照史のカラダの虜になってみる?


【顔の認知度は一部上場級】
桐山照史(きりやま・あきと)

 2014年4月に「ジャニーズWEST」として中間淳太、重岡大毅、小瀧望、神山智洋、藤井流星、濱田崇裕とともにCDデビューが決定している桐山。ジャニヲタ内の愛称は「てるし」。『ごくせん』(日本テレビ系)第3シーズン、『真夜中のパン屋さん』(NHK)などで俳優業もこなしていること、ジャニーズに見えないインパクトあるルックスも手伝って、一般層からの「顔」の認知度はすでに一部上場級だ。

 滑舌の良さと達者なトーク力、声量ある歌唱力、キレのあるパフォーマンス力、何でもこなす器用さは折り紙つきで、バラエティ番組では即戦力として十分期待できる。唯一のリスクは、「太って見えること」だが、それすらも愛嬌ととらえれば、抜群の優良株だろう。また、コテコテ全開の関西ノリと、全てを自分色にしてしまうクセの強ささえ一般に受け入れられれば、関西ジャニーズの先輩・関ジャニ∞を脅かす存在になる可能性もある。

 ちなみに、常にハイテンションのキャラは柳沢慎吾に似ていると言われており、関西Jr.仲間から「ウーウー(サイレンの音を出しながら、手を上に向けて回転させ、赤色灯のマネをする柳沢慎吾のネタ)」と呼ばれるほど。将来的には、京本政樹の息子で関東Jr.の京本大我と2人で、あるいは京本政樹+柳沢慎吾の「ダブル親子(?)」で、ぜひグルメ番組や散歩番組に挑戦してほしいものだ。

【投資家の売買予想】
(買いポイント)
★「Myojo」(2014年3月号、集英社)の「第20回 あなたが選ぶJr.大賞」では、「総理大臣にしたい」「生徒会長にしたい」「学校の先生にしたい」「亭主関白になりそう」部門などで1位獲得! また、「Jr.が選ぶJr.大賞」では「いちばんおもしろい」「いちばんワイルド」「学校の先生にしたい」「ケンカが強そう」部門で1位に。アイドルに見えないけど、人望だけは抜群のタイプなので、買い。

★Hey!Say!JUMP・薮宏太の代役で『JOHNNYS’ 2020 WORLD』に出演した際、スタッフが面白がって細身スタイルの薮の衣装を着せたところ、衣装がパツパツになり、そのはじけんばかりの姿が観客の間で大評判に。Twitterやネット掲示板では、桐山がフライングするシーンの衝撃を「これほど軽やかさのないフライングを初めて見た」「フライング・トド」などとつぶやかれ、一部では「トニトニ行く気なかったけど、てるしの回なら見てみたい」という声も。

★コンビニ入店時の姿を映した防犯カメラの映像が、店員によってTwitterでさらされた事件が「週刊女性」(主婦と生活社)の記事に。だが、それを自ら舞台『ANOTHER』の中でネタにし、「お前ら、防犯カメラには気をつけろよ!」「あれ、俺なんも悪いことしてへん」「(撮られた時の)私服がダサかった」などと、自虐ネタに変えていたサービス精神には賞賛の声が続出。

(売りポイント)
☆あこがれの先輩は、関ジャニ∞の渋谷すばる。かつて「生まれ変われるなら何になりたい?」という質問に「すばるくんになりたい」と真剣に答えたそうだが、キャラ、違いすぎません……? 今後、渋谷路線にキャラ替えするリスクもある。

 【この銘柄の特色】

terusi-gurahu001.jpg

【類似銘柄】
関ジャニ∞・村上信吾、濱田崇裕、諸星翔希


(取材・文/ジャニーズJr.証券研究所)

細く長く生き残るで

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク