[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・松本潤『失恋ショコラティエ』10.5%→12.0%に回復も、嵐メイン番組に不穏なウワサ

enjyeru-mj_01.jpg
昨日の放送ではセフレを本命に昇格しようと決心されました

 第5話で10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録するなど「一桁目前」と言われていた嵐・松本潤主演の月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)が、2月17日放送の6話で12.0%を獲得し、盛り返しの兆しを見せた。

 水城せとなの人気同名漫画をドラマ化した話題作だが、1話で14.4%を獲得して以降は初回超えができずに11~13%を推移。2月10日の放送で10%台にまで落ち込み、ネット上では「次は一桁くるな」と予想されていたものの、なんとか下げ止まった。

「5話で10.5%になってしまったのは、30分だけ放送時間が被っていた『ソチオリンピック2014』(日本テレビ系)が、13.9%を獲得していたことも一因かもしれません。現在の『失恋ショコラティエ』のストーリーは、ヒロイン・紗絵子(石原さとみ)に一途な恋をしてきた主人公・奏太(松本)に心境の変化が訪れるなど、佳境に突入しています。6話で12%ならそこまで視聴者が離れることもなく、最終話まで持ちこたえるかもしれません」(芸能ライター)

 ドラマの視聴率低下とともに主題歌「Bittersweet」も、初日売り上げで前作割れしたことが心配されていたが(既報)、初週51.2万枚を売り上げ、週間ランキングで首位を獲得。前作「Endless Game」の47.8万枚超えを達成、歴代シングル首位獲得数記録でも2位に浮上した。

 『失恋ショコラティエ』視聴率と主題歌「Bittersweet」の売り上げが持ち直した一方で、嵐メンバーの仕事に関しては不穏なウワサも聞こえてくるという。

「『TBSが4月から新たにドラマ枠を新設する』という情報がネットに出回っており、その枠として『今、この顔がスゴい!』の木曜10時が怪しいのではとささやかれています。櫻井翔&有吉弘行がMCの同番組ですが、視聴率は直近で6%前後と、相変わらず停滞。一時はモノマネメイクネタで数字を持ち直したのですが、その後は低迷。番組終了が確定したわけではありませんが、数字的にもそろそろ潮時でしょう。放送開始から1年がたつので、何か動きがあってもおかしくないのでは」(同)

 『今、この顔がスゴい!』は、もともと嵐の『ひみつの嵐ちゃん!』を放送していた枠。櫻井の番組でこれ以上の低視聴率記録を作り、嵐の顔に泥を塗るわけにもいかないだろう。『失恋ショコラティエ』の視聴率が最終話に向けてどう変化していくのか? また、櫻井の『今、この顔がスゴい!』は、3月以降も無事に番組継続となるのだろうか?

翔さんにヘタレ番組ヤラせてよーー

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー