[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP・木村拓哉主演『HERO』の続編放送!? 「続編出ないの鉄則破った」

andoroido.jpg
『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)公式サイトより

 主演ドラマ『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)が、全話平均視聴率12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したSMAP・木村拓哉。「視聴率王の名がかすみ始めた」と報道されているが、今年はこれまで封じてきた“奥の手”を使うことになりそうだ。2001年に放送された大ヒット作『HERO』(フジテレビ系)の続編が、7月クールで放送されることが決定したという。

「今年のフジは、とにかくドラマに勝負を賭けているようで、月9枠については昨年末から、小栗旬の『リッチマン・プアウーマン』や『HERO』の続編説がささやかれていました。しかし木村は、3月にテレビ朝日のスペシャルドラマ『宮本武蔵』、また夏にはコンサートツアーが予定されていることから、連続ドラマ主演があるとしても、秋以降になると見られていました」(芸能プロ関係者)

 『HERO』は全話平均視聴率が34.3%、最終回36.8%を叩きだした超ヒット作。後にスペシャルドラマや映画版も制作されている。

「しかし木村には、すでにファン層が確立され、一定の視聴率が見込める続編には出演しないというルールがありました。そのため『HERO』のSP版や映画化の際には、『キムタク終わった』と言われたものです」(ジャニーズに詳しい記者)

 過去の木村の主演作には、前述の『HERO』SPや映画化はあったものの、連ドラでの続編という例は見られない。本当に『HERO』が連ドラで復活となれば、木村にとっても初の試みとなる。

「しかし続編には、『決して初代シリーズを超えることができない』というジンクスもあります。フジは直近でも、人気作『医龍』の最新作が、シリーズ最低視聴率でスタートを切っており、人気シリーズだからとそこまで安心してはいられません」(前出・芸能プロ関係者)

 全話30%超を記録した『HERO』だけに、最新作は常に視聴率に注目が集まってしまうことから、まさに木村とフジ両者にとって正念場になることだろう。

『ショムニ2013』の大爆死は忘れました

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク