[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「ホストでもしない」KAT-TUN・亀梨和也、ファンに公開キスで波紋広がる

kamenashikazuya.jpg
ここは日本だからキスは挨拶で済まされないのよ!

 1月2~4日に開催された、KAT-TUNのファンミーティング『新春勝詣』。会場となった横浜アリーナは、アリーナだけに席を設置し、どの席からもメンバーを至近距離で眺められる贅沢な空間が用意された。会場の壁一面には、メンバーの手型・足型、過去のコンサートの衣装、幼少期の写真やプライベートの私物が飾られ、また写真撮影OKのエリアも設けられるなど、まさに至れり尽くせり。ファンにとっては思い出深い公演となったが、それに先駆けて開催された新アルバム発売イベントで、亀梨和也がファンにキスをしたことが発覚。KAT-TUNファンだけでなくジャニーズファン全体に波紋が広がっている。

 アルバム発売イベントは、コンサート映像の鑑賞やメンバーのフリートーク、質問コーナーなどが用意されたというが、問題の亀梨の“暴走”は質問コーナーで起こったという。


「『亀梨くんをこれからもずっと好きでいていいですか?』と質問した女の子に、亀ちゃんがほっぺにキスをしたんです。中丸(雄一)が『チューしちゃえよ』って煽ったのもビックリでしたが、本当にキスするなんて……。KAT-TUNって、そういう握手会や接触系のイベントはしてなかったから、いきなりキスするなんて呆気に取られたし、逆にここまで安売りしないといけない状況なのかな、って不安になりました」(会場にいたファン)

 3日に行われた『新春勝詣』2部公演では、中丸が「会場のみんなにキスしたい」と発言したが、これについても「亀梨にキスを煽った責任を感じてフォローしてんの?」などと厳しい声が上がっている。

 また、亀梨のこの行為には、「1人を喜ばせても、その他のファン全員を萎えさせることに気づけ」「ホストでも客の前でキスはしない」「山田(涼介)だったら血が流れたな」「自担(自分の応援するタレント)だったら完全に降りる」など、KAT-TUN以外のジャニーズファンからも意見が飛び交っている状況だ。

「近年のジャニーズタレントは、ファンとの接触が多くなっているのは確かです。Sexy Zoneの握手会はもちろん、V6や山下智久のコンサートでは、ファンとハグしたり触れ合う演出もありました。今回のKAT-TUNがここまで騒がれたのは、彼らのイメージとのギャップが大きいのでしょう。俺様系だった頃には考えられないファンとの距離感の近さが、ファン離れを食い止める必死さに映ってしまった。これからのKAT-TUNのグループとしての方向性に関係している行為なのかわかりませんが、今後の活動を見守るしかないのでは」(ジャニーズに詳しい記者)

 12月30~31日とカウントダウンコンサートを行い、年明けはファンミーティングと、昨年までの活動休止状態を取り戻すかのような積極的な活動を展開している新生KAT-TUN。接触目当てのファンがジャニーズ全体で増加傾向にあるとはいえ、13年築いてきたグループイメージからの早急な方向転換は、諸刃の剣となりそうだ。

中丸、適当なフォローならしない方が懸命だぞ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク