[ジャニーズ最新言行録]

嵐・大野智の視線を独り占めに! ユニークすぎるファンのうちわとは?

oono-sing-2.jpg
ファンからの「網で獲って」に戸惑う大ちゃん

 現在、『ARASHI Live Tour 2013“LOVE”』の真っ最中である嵐。「ジャニーズの中で最もチケットが取りにくいグループ」と言われるだけあって、幸運にもチケットを手に入れたファンは、うちわ作りにも気合が入っているようだ。

 メンバーの名前や、メンバーにお願いしたいファンサービスなどを書くファンが多い手作りうちわ。かつて、SMAPの木村拓哉が「4時間弱のステージで、2,000以上は読んでいる」という発言をしたことからもわかるように(既報)、ジャニーズタレントはファンが思っている以上にうちわのメッセージをよく読んでいるようだ。そんな手作りうちわについてのエピソードを、大野智が自身のラジオ番組『大野智のARASHI DISCOVERY』(FM横浜)で語った。

 以前、「デビュー当時から通ってくれている」というファンのうちわに書かれた、「私結婚しました」というメッセージを読んで、ライブ中に衝撃を受けたと語ったこともある大野(既報)。今回のツアーでは、また違ったタイプの“衝撃”を受けたうちわに遭遇したという。

「うちわでねぇ、やっぱいろんなね、作ってきてくれるわけですよ。その中にねぇ、魚へんになんか書いてあんの、隣に。多分、『これ読める?』的なことなんだなと思って、歌いながら、ずーっと見てたの」

 無類の釣り好きである大野にちなんだ、このユニークなうちわ。照明を浴びているせいで、なかなかその全貌が見えないことも手伝い、大野はそのうちわに視線が釘付けになったようだ。

「『なんだなんだなんだ?』と思って、ずっと見てて。そしたら、魚へんに、隣、漢字で『智』だったの!」

 魚へんに「智」という漢字は実在せず、ファンの創作漢字だったようだが、これには大野も大ウケ。しかし、その後、うちわに夢中になるあまりに、大野の掛け声で始まる曲の出だしをミスしてしまったらしく、大野は「そんな魚の名前ねぇよと思って。したら、もう次の曲、始まっちゃったんだよね(笑)」と笑いながら、その出来事を振り返った。

 大野がミスをしてしまった曲は、「エナジーソング」。「お手を拝借」の掛け声を失念してしまったようだが、こんなハプニングもライブの醍醐味。ファンにとっては貴重な一瞬だったのではないだろうか。

 ファンの間でも、今回の一件を機に「魚へんの難解な漢字のうちわが増えるのでは?」と、今後さらなるユニークなうちわの登場を予想する声も。メンバーとファンとの架け橋であるうちわエピソードが、再び語られる日を楽しみにしたい。

嵐オタに大喜利センスが問われる事態に

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー