[ジャニーズ最新言行録]

「2,000以上は読んでます」! 反応をもらえるウチワのコツをキムタクが明かす

SMAP03.jpg
キムタクさんの視力は2.5!

 現在、7月末からスタートした全国ツアー『We are SMAP! 2010 SMAP CONCERT TOUR』真っ最中のSMAP。大阪公演を無事に終え、あとは15日より5日間連続の東京ドーム公演、10月9、10日の上海公演を残すのみ。ファンはもちろんメンバーも、ラストに向けて気合い十分だ。

 さてジャニーズコンサートと言えば、自身の担当(お目当てのメンバー)の名前やメッセージなどを描いたカラフルな”自作ウチワ”を持参するのがお約束。表側には担当の顔写真や名前などを入れてファンであることをアピールし、裏側にはメッセージを記す。これは”ファンサ”と呼ばれるファンサービスをもらうのが目的で、「お手振りして」「ウィンクして」「ちゅーして」など、そのメッセージは多種多彩だ。

 ただ、そこまで気合いを入れて作ったウチワが、広い会場の中で、果たしてアイドル本人たちの目にちゃんと見えているのか……という不安は多くのファンが抱えているはず。そんな疑問に、SMAP木村拓哉が自身がラジオ『WHAT’S UP SMAP!』(TOKYO FM、9月3日放送)内で答えてくれた。

 きっかけとなったのは、リスナーから寄せられたこんな質問。

「うちわにメッセージを書いたんですけど、どのタイミングで見せればいいですか?歌ってる最中、それとも歌ってないときに見せた方がちゃんと読んでもらえますか?」

 これに対して「いいね、あえて本人に聞いちゃおうってところが新鮮!」と喜びつつ

「歌ってるタイミングでも読んでます」
「歌ったり、踊りながら読んでリアクションしていくみたいなことはホントにやってますよ」

 と力強く答えた木村。「ピースして!」「私を撃って!」というものや、中には「かけて!」などというメッセージもあるそうで……

「何をかけてなのかな? って一瞬考えちゃうんですけど。かけて? 何を? 顔に? みたいな。ははは」

 と、得意の下ネタも交えつつ、

「できるだけ応えたいとは思うんですけど、タイミングが悪いと、ときどき首を横に振って拒否とかしちゃうことはたまにあります。他のメンバーが歌ってるときにリアクションだけするのは照れるし。歌ってない、何もしてないときにバキューンって撃ったりとかは照れますね」
「でもリアクションはできなくてもガッカリしないで。たいていのメッセージは読んでるから。ボク、本を読まないから目がいいんで。4時間弱のステージで1,000とか2,000以上はざらに読んでると思うよ」

 とファンにとってはうれしいコメントも。ちなみにSMAPでは草なぎも、他局のラジオ番組でウチワが話題になったときに、「目がいいから、2階席も3階席もちゃんと見えてるんだよ」とにっこり。最近印象に残ったのは「韓国語でナカイって書いてるやつ。中居くん、絶対読めないのになんで? って思った」そうで、昔は誰のウチワが何枚あるか数えたこともあるというから凄い。

 制作するのにもなかなか時間と手間がかかる自作ウチワだが、こう言ってくれると俄然作りがいが出てきそう。まとめると、木村の場合リアクションしやすいのは”歌っている最中”で、”歌詞と同じリアクションだったりするとやりやすい”とのこと。

 これからSMAPコンサートに参加する人はそのタイミングを狙って、ウチワを大きく掲げてみては?

『SMAPがんばりますっ!!2010 10時間超完全版 [DVD]』

よーし、張り切って新作つくっちゃうぞ~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
大物放送作家がSMAP草なぎ剛の”禁断の”新CMを「勇気を与える」と大絶賛
FUNKY MONKEY BABYSがブログでSMAPとの共演ウラ話を暴露
昼夜問わない性奴隷、不気味な注射……合宿所の内部を明かした問題作『Smapへ』

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー