[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐、『Mステ』『FNS』『ベスア』で高視聴率連発!! 余裕のSMAP&Kis-My-Ft2超え

satoyan.jpg
FNSのテーブル席でガヤる嵐も見てみたい

 12月4日に放送された『2013 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で、「Endless Game」を歌った嵐が最高瞬間視聴率23.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得したことが話題になっている。バラエティ番組では「数字が獲れない」と言われている嵐だが、ここ一番の強さは持っているようだ。今回は、嵐の出演した歌番組のデータを振り返ってみたい。

 年末の風物詩『FNS歌謡祭』は、生放送で4時間以上にわたって豪華出演者によるコラボレーションを展開し、平均視聴率は昨年より0.6%アップの18.8%を記録。華原朋美と小室哲哉の15年ぶりの共演や豪華なコラボレーションに注目が集まっていたが、結果的にVTRで出演した嵐が高視聴率をゲット。櫻井翔主演『家族ゲーム』(同)の主題歌「Endless Game」を披露した。

 11月29日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の3時間スペシャルでは、1999年のデビュー時に着ていた“伝説のスケスケ衣装”で「A・RA・SHI」を披露。番組視聴率は16.6%で同時間帯トップだったため、ネット上では「嵐がスケスケになった甲斐があった」「やっぱ嵐は歌とダンスがいいな」という声が上がった。レディー・ガガなども出演したが、嵐は「奇跡の神メドレー」を繰り広げ、番組メイン扱いだったため、高視聴率に貢献したのは嵐だといえるだろう。

「櫻井が司会を務め、嵐や関ジャニ∞ら“ジュリー派”が勢揃いした『ベストアーティスト2013』(日本テレビ系、11月27日放送)は15.5%で、同時間帯の『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)や『おじゃマップ』(フジテレビ系)などを抑え、断トツのトップでした。一方、ジャニーズからSMAP・Kis-My-Ft2の2組が出演した『ベストヒット歌謡祭2013』(日本テレビ系、11月21日放送)は10.6%と、同時間帯の『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)に負け、『VS嵐』(フジテレビ系)とは同視聴率。SMAPは浅草から中継で、見応えのあるパフォーマンスをしたものの、視聴者には引きが弱かったようですね」(芸能ライター)

歌番組では敵なしといえる状態の嵐。冠バラエティの『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)もこの傾向を取り入れたのか、9月14日の放送で歌のコーナーをオンエアーした際、視聴率が前週の10.0%から上昇して11.4%を記録している。

「『Mステ』や『FNS歌謡祭』の結果からもわかるように、嵐は視聴者から歌と踊りのパフォーマンスが求められているのでしょう。一方、SMAPの場合は、『SMAP×SMAP はじめてのSMAP5人旅SP』(フジテレビ系)が20.0%を獲得したように、どちらかというとバラエティや5人のトークが好まれる傾向にあるのでは」(ジャニーズに詳しい記者)

 「コンサートチケットが一番取りにくいアーティスト」といわれ、ミュージックDVDの総売り上げでは歴代1位を記録している嵐。彼らの歌やパフォーマンスは、やはり引きがあるのだろう。今年は4年連続で『第64回NHK紅白歌合戦』の司会という大仕事が残っているが、同番組の数字にも好影響をもたらすことができるだろうか? 

それぞれがバラエティの飯島班、正統派のジュリー班の象徴だね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク