【ジャニーズ・ワールド】

元ジャニーズがつづる、ジャニー喜多川のすべて『ジャニー喜多川さんを知ってますか』

sitteimasuka.jpg
『ジャニー喜多川さんを知ってます
か』(KKベストセラーズ)

 過去に書かれたジャニーズタレントのタレント本・暴露本をガイドブックとして、ジャニーズ事務所の、そしてジャニー喜多川氏の世界――「ジャニーズ・ワールド」を旅してみたい。ジャニーズ・ワールドのガイドブック2冊目は、1967年にフォーリーブスでデビューした、江木俊夫の著書『ジャニー喜多川さんを知ってますか』(97年、KKベストセラーズ刊)。

■ジャニー喜多川のアイドル鑑識の掟

ジャニー喜多川さんを知ってますか

 こう問われたら、もちろん「はい、知ってます」と即答するほかないが、この問いかけがそのままタイトルになった1冊がある。著者は70年代のトップアイドルグループ、フォーリーブスのメンバーの江木俊夫。目次には、<「YOUたちのためだ」の意味するもの><ジャニーさんのカラーに染まるということ><ジャニーズのアイドルは、ジャニーさんのために存在する>という、魅惑のサブタイトルがズラリと並んでいる。

 本書はいわゆる暴露本・告発本とは色が異なり、ジャニーさんに関するスキャンダラスな描写はまったくない。目次からわかるように、ジャニーさんのアイドルへの思いや戦略、ジャニーズとは何たるかが、江木の目線から語られている。

 その江木は、もともと子役として活躍していた。ある日、テレビ局のレッスン場で「彼、間がいいですね。素質ありますよ……」と江木の母に声をかける者がいた。それが、ジャニーさんだった。このスカウトを受けてジャニーズ事務所に入り、「ジャニーズ」のバックとして活動、そして4人組・フォーリーブスとしてデビューした。フォーリーブスのメンバーは、初代のジャニーズJr.でもある。しかし江木は、フォーリーブスでリーダー的ポジションに立つと思っていたのに、リードボーカルに選ばれたのは、最後に加入した青山孝だった。江木はショックを受けるが、この判断は正しかったという。結果としてファンに支持されたからだ。そこには、ジャニーさんのこんな戦略があったそうだ。

キャリアのあるメンバーを脇にして、中心になって歌うリードボーカルを支える、その役目をジャニーさんはわたしに期待したのです

 現在も、「兄組」「弟組」的な構図で分けられているグループがあるが、やはりこのパターンが適用されているのだろうか。ほかにも、ジャニーさんがメンバーを見る上で特に大事にしていることが挙げられている。「真っ白で純粋な少年の心をもっているか」どうか。それを「自身の好みの色で染めたい」らしいのだ。ということは、いわゆる“スペオキ”と言われる面々――最近では中山優馬や佐藤勝利、岩橋玄樹などなどは、特に純白度が高かったということなのか? 「かといって、誰かをひいきするというのではありません」とあるが、最近話題になっているKis-My-Ft2やSexy Zoneの“格差”問題は? 本書で江木が語るジャニーさんの考えに、いろんなジャニーズタレントをあてはめ想像をめぐらせてしまう。

ジャニーさんの夢はジャニオタの希望です

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー